【レブル250 カスタム】Rebel用のアンダーカウルまとめ&アンダーカウル取り付け時の様子

今回は、レブルカスタム界隈では比較的見かける「アンダーカウル取り付け」についてまとめていこうと思います!

かくいう私自身もレブルのカスタムで一時期アンダーカウルを取り付けておりましたし、再度取り付けも検討しております。後述しますがいくつかの理由があり一旦外している、という状況です。

今回の内容は、レブルのアンダーカウル取り付け手順(コチラ、後日記述します)、アンダーカウル取り付け時の様子、アンダーカウルと併用できないパーツ、アンダーカウル製品の一覧、といったコンテンツをまとめております。

見た目がかなりかっこよくなる(主観)、個人的には好みのパーツなんですが、残念ながら「他パーツとの干渉問題」が多発するパーツであり、その点についてフォーカスしたい…!!という動機があり、この記事を書いております。カスタム好きの皆さんの参考になればと思っています!

Youtubeでもレブル250/グラディウス400/GN125の情報を発信してます! (登録してもらえると超喜びます!!)

レブルにアンダーカウルを取り付けていました

レブルへのアンダーカウル取り付け手順

まずは、届いたアンダーカウル本体を組み立てます。組み立てについては、ボルトなどを使用はしますが、完成形はあの通りですので、特に苦労なく組み立てできると思います。

アンダーカウルを組み立てたら、エンジンの固定ボルト/ナットをいったん取り外し、そこにアンダーカウル取り付けステーをセットします。下記では、先にアンダーカウル本体を取り付けてからステーをエンジン側に固定しましたが、ちょっと面倒だったので先にざっくりステーをセットしておくと楽です。

ちなみに、ステーを取り付けるための車体側のボルト/ナットは下記のレンチが刺さっている部分となります。また、左右それぞれにステーを生やすことになるので、一度このボルトは抜いて(ジャッキで支えておくことを推奨)、左側からもステーをいったん生やして、車体右側のナット側にもステーを生やして仮固定する、の手順が良いです。

アンダーカウル取り付け用のステーをなんとなく取り付けられたら(この時点では本締めはしない)、次にいよいよアンダーカウル本体をフィッティングしていきます。アンダーカウルは、ラジエターカバー(下記写真では変な黒いステーが生えている部分)のボルトと共締めする形で固定しますので、片側2本のラジエターカバーボルトをいったん取り外して、アンダーカウルを挟み込んで、最後に再びボルトをアンダーカウルとラジエターカバーに通して固定する、という手順になります。

最後に、最初に生やしておいたステーとアンダーカウル下部の穴(断熱材とかで穴が見えにくいかもしれませんが)とを、付属のボルトで固定してあげれば完全にアンダーカウルの固定ができます。

取り付けに際しての難しめなポイントとしては、左右のアンダーカウル固定ステーを挟み込む部分でしょうか。ちゃんとやるなら、ジャッキで車体を支えているうちにマウントボルト/ナットを取り外して…ということになりますが、そのボルトがちょっと固めです。

他はそんなに苦労するポイントはないかなと思います。

レブルにアンダーカウルを取り付けた様子がコチラ

レブルにアンダーカウルを取り付けるとどうなるのか!結果がコチラです!

こんな感じで、レブルのエンジンまわりのボリュームがかなーりアップします。個人的には…かなりカッコいいかと…!!

反対側からの様子がコチラ。ちなみに、バイクの色変えWebアプリでオレンジ化しています。実際に塗装したわけでは無いのであしからず。

残念ながらこのアンダーカウル、特に性能面がアップするということは無くて、完全なるドレスアップパーツになっております。ので、カスタムに何某かの性能アップを求める方には全く向きません。

が、ご覧の通り、純正レブルと比べるとボリューム感がかなり変わりますので、外観変化を求める方にはおススメのパーツになっております。私はかなり好みです。

他のパーツとの干渉について語る

ゼロデザインワークス メーター移設キットとの併用はNG

私も取り付けているゼロデザインワークスさんのメーター移設キットとは、基本的には併用はNGです。

【レブル250 カスタム】メーター移設します!ゼロデザインワークスさんの移設キットを使います【Rebel250】【レブル500】

メーター移設先が、まさにアンダーカウルを取り付ける部分とカチ合ってしまいます…

結構工夫してイロイロと試してみましたが、そのままでは絶対取り付きません…

後回しにしてしまっていますが、ステーを噛ませてちょっと位置を変更して、という回避策を現在トライしています。

エンジンガードは全体的に併用が難しい…

レブルへのエンジンガード取り付けはかなりメジャーなカスタムかなと思っていますが、残念ながらアンダーカウルとの併用は…厳しいですね…どの製品もたぶん併用はできないかなと。

画像をご覧の通り、アンダーカウルが取り付くべき場所に、エンジンガードが取り付くため、どんな製品でも併用は厳しいと思います。

私は実際に試したわけでは無いですが、後々エンジンガード取り付け状態でアンダーカウル取り付けトライ、は試してみようと思っています。現在デイトナのエンジンガードが装着されていますので。

レブル用のアンダーカウル製品のまとめ

本当に運のいいことに、レブル用のアンダーカウル製品は複数存在しています。ので、アンダーカウル製品をざっくりまとめてみようと思います!海外のモノなんかは、ぱっとどこで売られているかは不明だったりもしますが、見た目ベースで載せていきます。

Diabloアンダーカウル1

私も取り付けているアンダーカウルで、2万円台~3万円台で購入することができます。

created by Rinker
ケイスピード ジャパン(K-SPEED JAPAN)
¥26,000 (2024/05/20 23:13:52時点 Amazon調べ-詳細)
シンプルにカッコいいタイプで、結構多くの人はこのタイプのアンダーカウルを取り付けているように見受けられます。

取り付けは、ラジエター部分の4箇所の共締めと、エンジン下部左右にステー留めというタイプになっています。そんなに取り付け難易度は高くないですね。

Diabloアンダーカウル2

同じくDiabloさんから発売されている、上記とは別の見た目のアンダーカウルになっています。コチラも2万円台~3万円台で購入することができます。

created by Rinker
ケイスピード ジャパン(K-SPEED JAPAN)
¥25,832 (2024/05/20 23:19:09時点 Amazon調べ-詳細)

若干、フロントから見た時の印象が異なりますね。恐らく取り付け方法などはv1と同じだと思います。見た目は…好みですかね。価格帯も概ね同じくらいです。

アンダーカウル(GOODSさん)

初めてみました…!!GN125用のカフェレーサーヘッドライトなどでお世話になったGOODSさんからもアンダーカウルが発売されていました。リンクはコチラ

取り付けてみると、Diabloさんのアンダーカウルに若干似ている感じですね。価格は税抜き35000円程度とのことです。

アンダーカウル(丸みデザイン)

名称は不明ですが、下記のようなDiabloではない(?)タイプも存在しています。他と異なり、若干丸みを意識したデザインになっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンダ レブル250 レブル500 アンダーカウル Rebel-belly-pan
価格:51000円(税込、送料無料) (2021/5/31時点)

楽天で購入

 

 

レブルは全体的に、とがった感じではなく丸みを帯びた純正デザインですので、このアンダーカウルはマッチするかもしれません。問題は…若干国内価格が高いことです!!

海外のショッピングサイトで同製品を見た記憶もあるので、探せる人は個人輸入したほうが結果は安くなると思います。

国内でも取り付け事例が少ない(私調べ)ので、出来るだけ他人と被らないスタイルにしたい!という方は良いかもしれません!

アンダーカウル(下部のみコンパクトタイプ)

Diabloアンダーカウルv1のような見た目ですが、上部の部分が無いコンパクトタイプになっております。

KKM Rebel250 レブル250 2017-2019 2020-2022 アンダーカウル 黒
ノーブランド品

もしかすると、このアンダーカウルにすれば、他のパーツとの干渉は抑えられるかもしれません…!!これならもしかすると、メーター移設キットとは干渉しないか…?未検証ですが、最も未来が見える気がしています。楽天のポイントをうまく使えば、実質1万円台で手に入れることも可能ですので、結構お求めやすい価格というのも良いですね!

アンダーカウル(詳細不明1)

全く詳細は不明ですが、下記のような製品も存在するようです。メーカーなどは不明で、海外パーツのようです。

結構大き目、のように見えます。フロントから見ると真横線が入ったカタチになります。もしかしたらeBayなどで探せば出てくるかもです。価格も不明。

アンダーカウル(T-Rex Racing?)

コチラも国内では見たことが無いのですが、レブル用のアンダーカウルのようです。他の製品とは異なり、オフロードバイクのようなアンダーカウルになっております。

相当珍しいですね…!!T-Rex Racingというエンブレムが付いております。ボリュームがあまり増えるわけでは無いので、本当にエンジンをガードしたい人向けの製品のようにも見えます。

おわりに

というわけで、今回はレブルの見た目を大きく変えてくれるカスタムパーツ、アンダーカウルについてまとめてみました!

正直、カッコいいんですよ…性能的には特に変化は無いと思いますが、見た目カスタムが大好きな私にはかなり刺さる部位です。レブルが250ccということで、エンジンまわりのボリューム不足を気にされている方は、このパーツはその悩みの解消に一役買ってくれるでしょうから、検討されてみてはいかがでしょうか!

というところで今回は以上です!

Youtubeでもレブル250/グラディウス400/GN125の情報を発信してます! (登録してもらえると超喜びます!!)
最新情報をチェックしよう!