【レブル250 カスタム】Diabloのマフラーに交換します!シーズン2 – M4風のフルエキに交換!【Rebel250】

公開日:2020.04.18
【レブル250 カスタム】Diabloのマフラーに交換します!シーズン2 – M4風のフルエキに交換!【Rebel250】

今回は、少し前にレブル250にDiabloツインエンドマフラー(スリップオン)を取り付けました!という記事を書きましたが、その舌(?)の根も乾かぬうちに、再びレブル250のマフラーを交換します!という内容になっております。

前回のDiabloマフラーは殆ど消音が効いておらず、兎に角爆音 & トルクダウンが著しいということで、残念ながら却下となりました…

一方、今回交換するマフラーはエキパイ側にも消音のための装置が、サイレンサー側ももちろん消音の工夫がみられるということで、爆音すぎないのではないかと期待をもっての交換となります!

果たしてどうなるのか!?

ちなみに交換するマフラーがこちら。

Diablo M4風マフラー(フルエキ)
Diablo M4風マフラー(フルエキ)

価格は購入先によってまちまちですが…私の場合は、ヤフオクで2万円ちょっとで購入できました!

後に判明しますが、サイレンサーを固定するためのステーが同梱されておらず…泣きました…

中古では比較的安価で手に入れられましたが、新品で買おうとするとなかなかハードルが高いですね…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンダ レブル250 Diablo フルエキ マフラー KRB0033
価格:110000円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)

楽天で購入

 

 

 

他にも稀に個人で各種ショッピングページで販売されたりするので、価格はマチマチとなっております。

Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします!(登録してもらえると超喜びます!!)

バイクお役立ち情報を発信してます! hidetasoさんはバイク好きっ!ちゃんねる
しっとり系のピアノ演奏を発信してます!独学雑魚ピアニストのピアノ楽しんで頑張るチャンネル

レブルの純正サイレンサー & エキパイを外す

まずは、純正のマフラー一式を取り外す必要があります。

レブルの純正サイレンサーを外す

純正サイレンサーは、2か所のボルトを外せば取り外すことができます。

1か所目が下の写真のエキパイとの接続部。

もう1か所は、タンデムステップと共締めになっている下記写真の部分ですね。

タンデムステップと共締めされている箇所は、反対側にナット留めとなっていますので、反対側からもレンチで回り止めをする必要があります。

前述の2か所を外せば、あとはサイレンサーを車体後方にゆすりながら引っ張ればOKです!

サイレンサーの取り外しは以上です。

こんな感じでスッキリな外観に。

レブルの純正エキパイを取り外す

次は、エキパイの取り外しです。

全部で3か所外す箇所があります。

  1. エキパイ後方のフレームマウント部
  2. O2センサー
  3. エンジンとパイプの接続部

これらを取り外していきます。

エキパイ後方のフレームマウント箇所は、指さしている箇所になります。

12mmのレンチで取り外せます。

お次は、見えにくいんですが下記写真あたりにあるO2センサーを取り外します。

O2センサーを取り外すときは、配線がねじ切れないように気を付ける必要があります。場合によってはそれ以外の配線固定部を取り外すのが吉ですね。

これがO2センサー。地味に硬かったですね…取り外しには17mmのスパナが必要になります。

最後がエキパイとエンジンの接続部です。

この部分も外せば、エキパイを取り外すことができます。

Diabloエキパイ & サイレンサーを取り付ける

新たに取り付けるDiabloさんのステンレスエキパイがこちら。

純正はまだ2年程度しか乗られていないはずですが、それなりに錆が目立ちました…

一方、ステンレスはそんな心配がないのでイイですね!

エキパイのエンド部は消音のための工夫がしっかりと施されていました。

取り付けは先ほどの逆順なのですが、エキパイ部の固定が下記の2か所となっております。

  1. O2センサー
  2. エンジンとエキパイの接続部

ということで、フレームへのマウントはありません。

一旦エキパイは仮固定で、下に木材などを置いて負荷を軽減させておきます。

最後はサイレンサーを取り付けて固定、全体的に本固定で作業は終了となります。

こちらが取り付けるDiabloのM4風サイレンサーです。

あとははめ込むだけ!

なんですが、サイレンサーを固定する先がありません…何かステーが同梱されていたわけでもありません…

というわけで、家に転がっていたステー類を組み合わせてなんとか取り付けました。

この作業が1時間以上かかってます…いやほんと大変でしたよ…

Diabloエキパイ & サイレンサーのインプレ

レブル250 x Diabloフルエキの見た目

さて。無事にマフラーは取りついたわけですが、どんな見た目になったかというとこちらです!

レブル250-Diabloフルエキ
レブル250-Diabloフルエキ
レブル250-Diabloフルエキ2
レブル250-Diabloフルエキ2

純正のマフラーは如何にも純正や!と主張してくる見た目とサイズ感でしたが、こちらのDiablo M4風マフラーはコンパクトでイイ感じの見た目になっています!

また、ステンエキパイも純正とは異なる感じで、結構気に入っております!

レブル250 x Diabloフルエキの走行インプレ

さて、こちらのマフラーですが、サウンドは純正の1.8倍程度とそれなりにウルサイですが、Diabloツインエンドマフラーと比べるとかなりマシです。あのサイレンサーは純正の2.5倍くらいのボリュームでした。とても公道で走れるようなボリュームではなかったですね。

音質については、低音が結構増していて純正の2倍くらいです。いかにも社外マフラーですよ感で結構気に入っています。

個人的には、全体の音量と低音の音量、共にもう少し控えめだったら完璧です!私はあまり音量が大きいマフラーは好みではないんですよね。モトブログするにも自分の声が聞こえづらくなってしまいますので…

走行については、トルクは流石に純正と比べるとダウンしてしまい、0.8倍ほどといったところでしょうか。しかし、やはりツインエンドマフラーと比べるとしっかりとトルク感が残っている印象です。

加速時のサウンドはやっぱりウルサイ…

おわりに

総括すると、このDiablo M4風サイレンサー & ステンエキパイは、結構おススメな商品だと思います!

見た目は純正と比べてかなりシュッとスタイリッシュになり、かつ、サウンドはしっかりカスタムしている感が出て、トルクも結構残っていると。

個人的にあともうちょっとな点としては、

  • 音量があと少し小さければ…(やっぱりウルサイ)
  • 性能としては純正と比べてアップはしていない
  • ステーが同梱されてなかったのでホント大変だった(これは中古で買ったからなんですけどね)

というところですね。

実際のサウンドや取り付けの様子などは動画の方が分かりやすいと思うので、下記の動画をご覧になった方がいいかもしれません!

というところで、今回は以上です!

【文字数:3087文字】

レブル250カテゴリの最新記事