【レブル250 カスタム】エンジンカバー代わりにツールバッグを取り付けたら最高すぎた…!!

公開日:2022.04.29
【レブル250 カスタム】エンジンカバー代わりにツールバッグを取り付けたら最高すぎた…!!

今回は、レブル250にこのアイテムを取り付けていこうと思います!

いつかネットでレブルの画像をなんとなしに眺めていると、海外のサイトにてエンジンカバー代わりにツールバッグを取り付けているレブルを見かけたんですよね。下記のようなツールバッグです。

さっそく私もAmazonで購入しました。上記のアイテムで、その時々によって価格は変動しますが1500円~2000円程度で購入できるお手軽な価格となります。

グラディウス400にもこのバッグを取り付けていて、地味に工具を収納したりするのに便利だったので、レブルにも取り付けて少しでも収納スペースを確保していきたいと思います!それではやっていきましょう!

取り付けは、ツールバッグ側が3点固定となっていて、それぞれの箇所にマジックテープのベルトが生えています。レブルのフレームにちょうどマッチするような場所に固定バンドが生えており、フロント側に1か所、上部側に2か所バンドが生えています。上部2か所はエンジンすぐ上にあるフレーム部に、前1か所はラジエター近くのフレーム1か所に固定すればOKです。

「ただバンドを通して固定するだけの簡単な作業やんね」と思っていた私でしたが…実際にやってみるとなかなかどうして、結構難しい…というか、無理…!!

上部2か所側のフレームに固定したいと思っている部分は、バンドを通すほどの隙間がなく、どうしてもバンドが通りません…!!数分格闘したのですが、2か所のうちどちらも入りませんでした。

下記の指さしている部分がバンドを通したい部分ですが、フレームの裏側すぐにプレートがあり、プレートとフレームの隙間がほぼありません。かなーり難しい。

というわけで、作戦を変えることにしました。マジックのバンドは多少厚みがあるので(とはいえ十分薄いんですが)、より薄いタイラップを使用してそれを通し、もともとのマジックテープのバンドは使わずに上部2か所はタイラップマウントとしようと思います。タイラップは強度に懸念を抱きたくなかったので、結構太いタイプをチョイスしました。

 

タイラップは見かけによらず、結構強度がありますので、ツールバッグ本体とツールバッグ内に多少思いものを入れたとしても問題はないと思っています。

なんとかタイラップが通りました。結構手間取りました…

そしたら、そのタイラップをツールバッグ本体にもともとついているマジックテープバンドを固定するための穴に通し、固定します。

これで上部2か所のマウントはOKです。

あとは、フロント側1か所のマジックテープを素直にフレームに回してしまえば、作業は完了となります!

 

ちなみに、マジックテープをレブルのフレームに巻き付けたところ、だいぶ余りました。余った部分ははさみでカットしてしまいました。

これで取り付け作業完了です!

ツールバッグのサイズ感ですが、個人の感想ですが思っていたよりも大きい、見た目よりは収納容量がありそうだなあという印象です。

下の写真はスマホを置いてみたところですが、サイズ感がわかりやすいと思います。

結構でかめの六角レンチなどを入れてみましたが、余裕をもっておさまります。また、この六角レンチセットはそこそこ重量がありますが、レブルのフレームがうまくガードしてくれて、あんまり内側に入り込みすぎるということがありませんでした。

結構思いものを入れてみても、タイラップマウントで不安に思うことはありませんでした。大丈夫そうですね。

私は、工具やハサミ、ツーリングネットなどをこのバッグに収納することにしました!正直めっちゃ便利です…!!

ほかにも、例えば急な雨天に耐えうるようにカッパを仕込んでおいたり、その他ツーリング先で必要そうなものをちょっと収納するのに重宝しそうです。

1点だけ注意があるとすると、一応防水を謳っている製品ではありますが、長時間雨に降られていると少しずつ浸水しているような気がしましたので、気になる方は別途防水スプレーを塗布しておいたり、そもそも濡れても大丈夫なもののみをバッグに入れるようにするとよいかと思います!

というところで、今回は以上です!

【文字数:1772文字】

レブル250カテゴリの最新記事