【3万円以下!!】マイクロフォーサーズのオススメ入門撒き餌レンズ4選!!【初心者向け】【結果的に単焦点ばっかり…】

公開日:2021.03.05
更新日:2021.03.06
【3万円以下!!】マイクロフォーサーズのオススメ入門撒き餌レンズ4選!!【初心者向け】【結果的に単焦点ばっかり…】

みなさん、マイクロフォーサーズしてますか!

家に住んでいるマイクロフォーサーズ3台
家に住んでいるマイクロフォーサーズ3台

私はしてます!マイクロフォーサーズが大好きです!

マイクロフォーサーズは今後が心配されていますよね…Olympusは事業売却(OMデジタルソリューションズ)、Panasonicはマイクロフォーサーズからフルサイズに注力、最近は目立った新製品(ボディ)の投入が無い…フルサイズ勢の勢いが強すぎる…などなど、風当たりは強くこれからめっちゃ成長していく!マウントではないかもしれません…(このあたりは別記事として語りたい)

しかし、マイクロフォーサーズには本当に沢山の魅力があります!

コンパクト!

レンズが安い!

などなど…

というわけで、今回はそんなマイクロフォーサーズの特徴を体現したようなオススメの撒き餌レンズをご紹介していきたいと思います!

Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします!(登録してもらえると超喜びます!!)

バイクお役立ち情報を発信してます! hidetasoさんはバイク好きっ!ちゃんねる
しっとり系のピアノ演奏を発信してます!独学雑魚ピアニストのピアノ楽しんで頑張るチャンネル

今回ご紹介するレンズ選びのルール

さて。今回の内容ですが、下記のようなルール(縛り)のもと、レンズをチョイスさせて頂きました!ただただ「これはオススメ!」というレンズを挙げていっても、高価すぎたりするとおいそれと購入できないですからね…

ルールはコチラ!

  • 新品3万円以下で購入できる!(中古だと1,2万円程度)
  • 初心者の方を想定して、オススメなレンズを!
  • 実際に私自身がレンズを使用したことがある(マイクロフォーサーズのレンズは20本以上実際に購入して使用してきています)

です!

比較的おもとめやすいレンズで、実際に私自身が使用して良かったレンズを厳選して4つご紹介させて頂きます!マイクロフォーサーズのカメラをお持ちの方、マイクロフォーサーズに興味がある方の参考になれば幸いです!

マイクロフォーサーズのオススメ入門撒き餌レンズ4選!!

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (OLYMPUS)

価格

中古 約1.8万円~ / 新品 約2.6万円~

オススメな理由

本当に良く写って、ボケが美しい…!! 何を切り取っても画になる素晴らしいレンズがこの価格…!!

だからです。

中古で狙って購入すれば、1.6万円程度から購入できるレンズになっております。マイクロフォーサーズ初期から販売されており、中古のタマがとても多く流通していて、入手性が高いのもGoodです!

開放F値は1.8ということで、キットレンズなどのF3.5などとくらべて約2段明るくなっていて、かつ、中望遠レンズ(フルサイズ換算90mmの画角)であるため、被写体の背景が結構ボケます。

一般的にこの画角はポートレート向きと言われますが、まさにその通りで、人物やペットなどを撮っても「なんかいい感じ!」に見えると思います!

また、サイズも非常にコンパクトで、OlympusであればPENシリーズ、PanasonicであればGFやGMなどのコンパクトボディにとても丁度良く、持ち歩きにも苦にならないのが良いです!レンズポーチの少しの隙間にも入れておけるサイズ感です!

ちなみに、私自身は保有しておらず(私は競合レンズのPanasonic LUMIX G 42.5 F1.7を使用)、嫁ちゃんがこの45mm F1.8を愛用しています。それから出てくる画はやはり素晴らしいです!

あまり寄れない、といったデメリットもありますが、コスト/撮れる画/ボケ感/コンパクトさに圧倒的なメリットがありますので、あまり気にしなくて良いかと思います。

ともあれ、非常にオススメです!キットレンズの次には是非このレンズをオススメしたいです!

作例(全部嫁ちゃんの写真)

マイクロフォーサーズでも、しっかりとボケ感じを描写できるレンズで、被写体を印象的に切り抜くことができる画角でもあるため、こうした主題の切り取り写真には本当に向いています!

LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH (Panasonic)

価格

中古 約1.5万円~ / 新品 約2万円~

オススメな理由

安い!安い!軽い!やはり王道の換算50mmの画角!

だからです。

お求めやすいんですよ。このレンズは。

キットレンズとしてPanasonicボディと一緒に売られていることもあってか、レンズのバラ売りであったり、白箱商品を選べば1.5万円以下で購入することもできます。

また、カメラの世界では王道と言われる換算50mmの画角は、変にパースがかかっていることもなく、圧縮効果が効いているというわけでもなく、ナチュラルな日常の風景を切り取ることができます。とてもニュートラルな画角で、是非にこの画角のレンズは1本持っておきたい、その入門の1本としてオススメです。

サイズもパンケーキレンズと比べれば長さはありますが、十分コンパクトで、Panasonicのコンパクトボディにマッチしたサイズ感で持ち運びにも苦は無いですね。というか、キットレンズになってますからね。サイズ感はコンパクトボディにベストマッチです。もちろん重量は125gということで極めて軽量です。

「これだけコンパクトでお求め安くて…ってなったら、画はイマイチなんでしょ?」と思ったそこのあなた。全然そんなことは無いんですよ…!!なかなか良い写りのレンズになっています。中心だけでなく周辺側もそれなり以上に写るレンズで、このサイズ、この価格を実現したといのは本当にPanasonicさん、素晴らしすぎます…!!

このレンズについては、価格を考えれば文句の付け所は全くないのですが、強いて挙げるのであれば…プラスチッキーな外観でしょうか。前述のM.ZUIKO 45mm f1.8なんかは、安っぽさをあまり感じないのですが、このレンズについてはちょっと安っぽさは…あります…まあしかし、この価格でこの写りでこのサイズですから、さらに外観に高級感を求めるのは酷というものです。ええ。

個人的には、前述のM.ZUIKO 45mm F1.8とこのLUMIX G 25mm F1.7があれば、とりあえずマイクロフォーサーズ単焦点入門レンズとしては十分かと思います。2つ合わせて、中古であれば3万円ちょっとで揃えることができますから、これは本当にマイクロフォーサーズ冥利に尽きるなと思うばかりであります。

作例

私もこのレンズを保有していた時期がありますので、その時に撮影した写真を貼らせて頂きます!なお、撮影時期は今から5年ほど前ということで…クオリティはお察しです…

謎の引き出し
謎の引き出し

「マイクロフォーサーズはボケない」と言われますが、とはいえf1.7ほどのレンズであれば、一定の奥行き感は出てくるのが分かるかと思います。奥の方はほどよくぼけてます。

下記はとあるお花。

 

後ボケは若干だけしつこいか?という気もしないでもないですが、レンズのコストを考えると十二分かなと思います。

猫パイセン。

いい感じの猫とボケ感
いい感じの猫とボケ感
まさにテーブルフォト
まさにテーブルフォト

というわけで、ナチュラルな画角で、程よいボケが得られる、高コスパレンズだと思います!オススメです!

M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro (OLYMPUS)

価格

中古 約2.3万円~ / 新品 約2.9万円~

オススメな理由

スマホや標準レンズでは撮れないマクロの世界がこの価格で…!! 

はい。このレンズは、Macroと名付けられているだけあって、被写体を大きく写すことができるマクロ撮影ができます。大きく写せすぎて、「これ何…?」ってくらいモノを大きく写せます。

所謂標準レンズだと、そこまで被写体を大きく写したり、寄ったりできませんが、このレンズではレンズと被写体がブツかるくらいまで寄れます。

植物の撮影であったり、昆虫の撮影であったり、今までに見たことがない世界が広がるかと思いますので、今までなんだか同じような写真ばっかり撮ってきたな…なんかつまんないな…と思ったら、是非このマクロレンズを試してみることをオススメします!

常用するようなタイプのレンズではないですが、標準ズームレンズ、単焦点レンズ(上記2レンズ等)と揃えてきたら、次あたりに購入検討されると良いかと思います!

作例

どのくらい被写体を大きく写せるのか、というのが分かりやすいのが下記の写真ですね!まずは1枚目。これも十分大きいと思うかもしれませんが…

こんな感じのいちごオレですが...
こんな感じのいちごオレですが…

こうなります。

こうなります
こうなります

なお、↑の写真は、画像の一部を切り取って張り付けているわけではなく、カメラにこのレンズを取り付けてシャッターをきったそのまんまを貼り付けています。驚きの大きさではないでしょうか笑

植物なんかをクローズアップしてみると、葉脈の様子がよく分かります。あと、F値は3.5ですが、これだけ寄れるとボケが凄くなります。

いつも見ているカメラのレンズですが、このレンズで寄って撮影するとなんだか不思議な雰囲気になります。

他のレンズではなかなか撮れるような画ではないですよね。

というわけで、普通の撮影に飽きた… もっと植物などクローズアップしてみたい!他の人とは違った画が撮りたい!という方にはとてもオススメの1本です!

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH (Panasonic)

価格

中古 約1.2万円~ / 新品 約2.8万円~

オススメな理由

写りが良い!薄い!持ち運びが楽!明るい!中古はお求めやすい!

からです!

はい。マイクロフォーサーズ黎明期から「神レンズ」として名高いのがこのレンズです。

F1.7という明るさ、20mm(換算40mm)という絶妙(微妙ともいう)な画角(換算50mmだと狭い…換算35mmだと広すぎる…)で、サイズは極めてコンパクトでいつもコンパクトなカメラボディにつけておきたいスナップ向き(私の主観)なレンズです!

「今日はそんなに気合を入れて撮影する気分の日じゃないんだよな…でもカメラは持っておきたい」なんて日には本当に丁度いいレンズです!

最近は、TypeIIという後継機が発売されていますが、ちょっと価格面でオーバーしていたので…あくまでI型のエントリーです。

F1.7ですので、絞り開放で被写体に近めで撮影すれば、背景はしっかりボケますし、少ししぼってスナップすればキリっとした描写にもなる確かに神レンズです。

また、I型は中古のタマが多く出回っていますので、安価に購入することができるのも大きな魅力ですね!中古を狙えば、今回紹介させて頂きました全てのレンズの中でもっともお求めやすいレンズになっています。

ただし!

このレンズには無視できないデメリットがありまして… オートフォーカスはかなりゆっくり、いや、遅いです…あとAF音もします…

なので、「動画撮影もしたいんだよね」という方にはオススメできませんし、動く被写体をよく撮影するんだ!という方にもあまり向きません。

街角スナップであったり、風景写真であったり、テーブルフォトのような静止対象物メインであれば何も問題はないのですが、用途によってはあまりオススメができないレンズになっております…

しかし、このお求めやすさ、レンズの明るさ、コンパクトさは素晴らしいアドバンテージですので、人によってはハートに突き刺さりに突き刺さると思います!

作例

(全然見つからない…)

惜しくもランク外だけどオススメしたいレンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

(追記予定)

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH

(追記予定)

【文字数:5389文字】

カメラ/写真カテゴリの最新記事