【レブル250 カスタム】Diabloのタンクカバーを取り付けます!手順を間違えて苦労した男がここに居ます。

公開日:2021.03.31
更新日:2021.04.04
【レブル250 カスタム】Diabloのタンクカバーを取り付けます!手順を間違えて苦労した男がここに居ます。

みなさん、レブルのカスタムしていますか!?

レブルは本当に弄り甲斐のあるバイクなので、ついついやってしまいますよね、カスタム。今回は、そんなレブルカスタムの中でも外観の印象を大きく変えるパーツの1つ、「タンクカバー」を取り付けていきます!

タンクカバーとはその名の通り、レブルの純正タンクの上に装着するタイプのパーツで、タンク本体を多い、カラーや形状などを変更してしまおうというモノになっております。これによって、純正タンクとは違うカラーにしたい!となった場合でもタンク本体の交換や塗装をすることなく、タンクの色変更を行うことができる素晴らしいアイテムです。

価格としてはざっくり2~3万円ということで、決して安いというわけではないのですが、業者にタンク塗装を任せたらもっと金額はかかりますし、自家塗装で失敗のリスクを考えるとお手軽で十分選択するメリットはあると思います。

Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします!(登録してもらえると超喜びます!!)

バイクお役立ち情報を発信してます! hidetasoさんはバイク好きっ!ちゃんねる
しっとり系のピアノ演奏を発信してます!独学雑魚ピアニストのピアノ楽しんで頑張るチャンネル

今回取り付けるタンクカバー

さて、今回レブルに取り付けるタンクカバーはコチラになります。

Diabloさんのタンクカバーですね。Diabloの中でも、見た目は2,3種類程度あるのですが、今回チョイスしたのは比較的シンプルめな意匠のものです。あまり派手なタイプだとお値段がちょっと高くなりますし、なんか思ってたのと違う…ってなったら悲しいので…

Amazonだとコチラの商品でしょうか。

他にも、こんなカタチのものがあったりします。

もう少し、今回購入したタンクカバーを見ていきます。センター部分の黒色はグロスブラックになっていて、それ意外の部分はマットブラックになっています。アクセントになっていて良い感じです!

裏面はこんな感じで、なんかちょっと汚かったです。新品で買ったんですけどね。

材質はプラスチックで、厚みはあまりないですね。取り外しの時に力をかけたら裂けてしまう可能性も無きにしも非ずなので、取り付け取り外しは繊細にいきたいです…!!

なお、ご覧の通りでタンクカバーは両面テープ固定となっております。この部分は両面テープでもまず勝手に飛んでいってしまうことは無いと思いますので、大丈夫でしょう。

タンクカバーの取り付け作業

それでは、タンクカバーを取り付けていきます。取り付ける前に、両面テープで固定される部分の汚れを落として脱脂していきます。この作業をやっておかないと、テープが剥がれてしまう可能性がありますので。

ざっと汚れを落としてから、パーツクリーナーで脱脂をしておきました。

さっさとね。脱脂しておきました。

次に、私は作業時に「先に両面テープを剝がしてからタンクに取り付け」の順序で作業したのですが、これが失敗でした…

正しい手順は、「両面テープの端っこを少しだけ外しておいて、その状態でタンクに被せて位置を確定させ、最後に少し剥がしておいた両面テープをすべて外して完全にタンクに張り付ける」ですね。こうしないと、両面テープがただただタンクに引っ掛かってなかなか思った位置にカバーを固定できません。私はめっちゃ苦労したので、皆さんは手順を間違えないようご注意ください!

なお、手順を間違えると下記のように取り付けが大変になります。

仕方が無いので、私の場合はとにかく力業で取り付けました。

が、どうにもタンク全体がうまく隠れない…!!まずそもそも第一段階のタンクの淵にさえ届かないです…!!本当であれば、さらに形状が変わる下の部分までしっかりかくしてほしいんですが、とてもじゃないですがそこまでカバーが来てくれません…!!ナニコレ!

 

物凄く頑張ってみたんですが、下記の状態が限界でした…全然下地のタンクが見えています。これ、下がグレーっぽい感じだったからまだマシですが、イエローやブルー、500cc側のレッドだったりすると…悲惨かなと思います。

タンクカバー取り付け結果がコチラ

さて、最後にタンクカバー x レブルがどんな雰囲気になったかを載せて終わろうと思います!

バックアングルは悪くない感じです!ちょっと…下からもともとのグレーのタンクがチラ見えていますが、まだ許容範囲ですかね。

フロントやサイドから見ると、うーん…結構…もともとのグレーっぽい部分が見えてる…うーん…!!2万円以上するパーツですからねコレ。その価格を考えると、正直残念かなと思います。1万円程度であれば「まあなるほど。こんな感じか」で済みますけど、結構お高めなので…

角度や影具合では目立ちにくいようにも見えます。

実際の現物をみた個人の感想ですが、下地が暗めなカラーであれば許容できるかなと。明るいタンクの色の場合は、正直おススメはできないですね。価格を考えてコスパはどうかというところですが、ちょっと…出来の割にはお値段は高めで、コスパが高い!とは言えないです。

一方で、もともとがグロスブラックや艶消しブラックのタンクなら全く問題なく、今回の私のレブルのようにグレーっぽいタンクであればギリ…許容できるかなどうかな、くらいのデキですね。

もしかしたら、他のタンクカバー製品はもう少し下部が長かったりするかもしれませんので、もし良い商品を見つけた方は教えて頂けると嬉しいです!

というところで今回は以上です!

なお、今回の取り付けの様子はYoutube動画にもなっていますので、イマイチ分かりにくい…という点がありましたらあわせてご確認いただけると!

【文字数:2348文字】

レブル250カテゴリの最新記事