ハンドル周り

バイクの振動を減らすための10の対策

はじめに

今回は、バイクの振動を減らすための対策についてまとめてみました。
バイクは振動があってナンボや!という方も多いと思いますが…
ツーリングの時なんかは振動が少ない方が疲労も少ないですし、振動軽減したい!という方は居ると思います。

というわけで、振動対策で効果がある10の対策について、詳しく書いていきます。
その対策のお手軽さ(作業的/金銭的に)と、効果(星3つで。主観です)と、効果部位も記載しています。

ちなみに、「超劇的に振動が減ったよ!」という対策は、残念ながらありません…
1つ1つは、「うん、確かに振動が減った、かな」位の効果ですので、期待しすぎないようにお願いします。

対策

ハンドルグリップ交換

GNに装着しているアルミミラー

  • お手軽さ
    • ★★★
  • 効果
    • ★☆☆
  • 振動軽減される部位

かなりメジャーな対策ですね。
振動は手から伝わってきますから、その振動箇所に直接触れるハンドルグリップを減振/厚手のものに変更することで振動を減らそう、という試みです。
グリップ自体が1000~3000円程度で割とお手頃なお値段であり、かつ、交換作業も比較的容易な部類のため、減振対策としてポピュラーです。

元々のグリップの性能、チョイスしたグリップの性能に依るので一概には言えませんが…
期待する程の効果は得られない場合が多いです…
元々のグリップが薄手で、いかにも振動を吸収してくれなさそうな場合は、変更による効果を感じれると思います。

バーエンドにウェイト取り付け(交換)

出典:Lets Grom(http://letsgrom.blog.fc2.com)
  • お手軽さ
    • ★★★
  • 効果
    • ★★☆
  • 振動軽減される部位

こちらも、比較的メジャーな対策です。
ハンドルのエンド部分に重りを装着し、振動を軽減するというものです。
私個人としては、ハンドルグリップ交換よりは振動が減ったな、と感じました。

作業難易度としては、ハンドルグリップ交換と同程度が、それ以上に容易な作業でしょう。
ただ、バーウェイトは一般にグリップよりも高価ですので、そこが多少ネックですね。

ハンドル交換

  • お手軽さ
    • ★☆☆
  • 効果
    • ★☆☆
  • 振動軽減される部位

振動対策としてはあまり見かけませんが、ハンドルをよりしっかりした重ための物に交換すると振動が低下します。
ただ…純正ハンドルが既に上記条件を満たしているので、ハンドル交換による振動軽減が期待できるのは、
「既に社外ハンドルに交換済で振動が気になる場合」であることが多いため…効果的な対策ではないかもしれません。

ゲルシート装着

  • お手軽さ
    • ★★☆
  • 効果
    • ★★☆
  • 振動軽減される部位
    • お尻

お尻への振動が気になる…!という場合にオススメです。
シートに、ゲル状のマットのようなものを装着するタイプの製品ですね。
装着自体は簡単で、振動低減以外にも長時間バイクに乗ってもお尻が痛くなりにくいというメリットがあります。
ただし、こうした製品は基本的に高価なものが多いため、お手軽さは星2つとしておきました。

タンクパッド

  • お手軽さ
    • ★★★
  • 効果
    • ★☆☆
  • 振動軽減される部位
    • 太もも/股

タンクから伝わる振動が気になって仕方ないんだよ!
という方は、タンクパッドの装着で振動を多少軽減できます。
装着は、シールを張り付けるだけの製品が多く、価格も安価(3000円以下で選択肢が結構あります)のため気軽に試せます。
ただし、安すぎる製品は薄手のものが多く、あまり効果が期待できないため、実際に現物を確認することをオススメします。
振動とは関係がありませんが、冬のタンクホールドする時の寒さも軽減できるため、タンクに貼りものをすることに抵抗が無い方には良いものです。

グローブ/ブーツを厚手のものに

  • お手軽さ
    • ★★★
  • 効果
    • ★★☆
  • 振動軽減される部位

当たり前…ですけどね…
何もグローブを使用していなかったり、薄手のものを使用していると、結構手から振動が伝わって来ます。
グローブを持っていない/薄手の物しかない 方は、グローブのリプレイスを検討してみると良いと思います。

エンジンオイル交換

  • お手軽さ
    • ★☆☆
  • 効果
    • ★☆☆
  • 振動軽減される部位
    • 全体

エンジンオイルによって、バイク自体の振動量が変わってきます。
ずっとオイル交換をしていなかったり、以前と比べて極端に安い(一概に安い=ダメということではないですが…)オイルを入れた場合などは、車体の振動が知らずの内に増えているかもしれません。
エンジン自体の振動が減少するので、車体全体の振動が低減されますが、長くそのバイクに乗っていないと違いは分からないかもしれません…

オイル/ガソリン添加剤の使用

  • お手軽さ
    • ★☆☆
  • 効果
    • ★☆☆
  • 振動軽減される部位
    • 全体

こちらもエンジンオイル交換とほぼ同様の効果内容です。
ただし、オイル本体よりも添加剤の方が高かったりするので、オススメできるか!と言われると…弱いのですが、ネットの声でも、私自身の経験でも、まぁ振動は減ったかな、程度には効果が出ます。

スプロケット交換

  • お手軽さ
    • ★☆☆
  • 効果
    • ★★☆
  • 振動軽減される部位
    • 全体

スプロケットを、高速寄りのセッティングに変えることで、スプロケ交換前と同様の速度で走っていても、回転数が減少するため振動を減らすことができます。
この対策は、確かに効果を体感できます。
が、勿論デメリットもあり、加速力が若干低下します。
(スプロケット交換の参考:GN125 スプロケット交換記事)

また、メンテナンスに慣れていない人にとってはかなりハードルが高い対策なので…あまりお勧めはできません。
もし、そろそろスプロケット交換の時期だな、振動やっぱり減らしたいよな、という場合は試してみる価値はあると思います。

エンジンマウントボルトに銅ワッシャー

  • お手軽さ
    • ★☆☆
  • 効果
    • ★★☆
  • 振動軽減される部位
    • 全体

振動の主な発生源はエンジンです。
そのエンジンはフレームに留められているわけですが、その固定する箇所に銅ワッシャを仕込んで、エンジンからフレームに伝わる振動を減らそう、という対策です。
(参考:NX125 エンジン・車体の振動対策)

エンジンを留めているボルトは結構固いですし、装着する際もトルク管理をしないと怖いので…なんだか怖いですよね。分かります。私もやったことないです。
効果はそれなりに表れるようなので、こうしたメンテナンスが好きな方は試してみてください。

 

 

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です