【バイク】個人売買でバイクを買う注意点とメリット/デメリットについて書いていく【ヤフオク/メルカリ】

公開日:2019.06.15
【バイク】個人売買でバイクを買う注意点とメリット/デメリットについて書いていく【ヤフオク/メルカリ】

Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします!(登録してもらえると超喜びます!!)

バイクお役立ち情報を発信してます! hidetasoさんはバイク好きっ!ちゃんねる
しっとり系のピアノ演奏を発信してます!独学雑魚ピアニストのピアノ楽しんで頑張るチャンネル

はじめに

今回は、個人売買(ヤフオクやメルカリなど)でバイクを購入する際の注意点と、メリットやデメリットについてまとめていきます。

この記事を書いている筆者は、過去6回ヤフオクでバイクを購入しており(内1回は妹用)、他に何度も親しい友人と個人売買でバイクを購入し、実際に引き取ったり一緒に整備したりと、そういう経験をしていますので、ある程度の信憑性はあるかと思います。

ちなみに、実際に購入したバイクの戦績(当たり/ハズレ等)は下記の記事にまとめておりますので、興味のある方はご覧ください。

【バイク】過去11回個人売買(ヤフオクやメルカリ)でバイクを購入したので、当たりハズレについて具体的に書いていく【個人売買の闇】

今回の記事では、バイクを個人売買で入手する際の注意点と、メリット/デメリットについて書いていきます。

個人売買でバイクを買う際の注意点

まず、個人売買をしようかなあと思っている方向けに注意点というか心構えについてちょっと書いていこうと思います。

個人売買は魅力的ですよね。中古バイク屋さんに本来支払うべき中間フィーが無いわけですから、同じコンディションのバイクであればより安価で入手することができます。

しかし、逆に中古バイク屋さんで最低限保障されている安心や、整備状態などは一切ないわけですから、相応の覚悟と腕は必要です。

整備出来ない人、整備できる友達がいない人は買っちゃダメ!絶対!

はい。やめた方がいいです。一律禁止するような文言を書いてしまいましたが、細かく言うと一部買ってもOKなものもあります。

例えば、バイクショップがヤフオクに出品しているケースですね。

この場合は、中古バイク屋さんで買うのとほぼ同じ(はず)ですのでこのケースであればセーフだと思います。バイクショップが出品しているバイクは、一目でそれと分かりますので、そのケースであれば自分で整備ができない場合でも購入して大丈夫でしょう。

ただし、この場合はネットの中古バイクショップとほぼ変わらない価格設定となっているはずですので、なのであればヤフオク経由であるメリットは無いはずなので、どのみちヤフオクで買う必要はないでしょう。

100%状態を見抜くことはできない

無理なんですよね。ネットのページ上に貼られた写真と説明文だけでそのバイクの状態を100%把握するということは。

ですので、まあ必ずなにがしかの不具合はあるだろうというつもりで購入してください。

「問題なく動くって言ってたじゃん!1週間したら壊れたんだけど!」

これは自己責任です。こういうものです。私の友人は、その当日にバイクが不動になったこともあります。(この場合は色々あるんでまた別の機会に)

そういうものですので、安心は絶対にできません。

怖い人、闇を楽しめない人はあまり個人売買に手を出すべきではないでしょう。

状態がいい!と言われていても後で自分で整備すること

液体類はまずマストで交換しておきましょう。他、購入後にしっかり各部の点検をしましょう。

こうした交換が出来ない人、点検が出来ない人は危ないので買うべきではないですね。

個人売買のメリット/デメリット

個人売買のメリット

1. バイクを安く入手できる可能性が高まる

もうこれが一番の醍醐味ですよね!バイクが安く入手できる可能性が高いです!

どうしても中古バイク屋さんで購入すると、バイク屋さんの利益がある程度上乗せされてしまいます。同じ状態のバイクを購入したとして、この上乗せ分がかからないため安く購入することができます。

また、出品者のタイトル付けを間違っていたり、情報の載せ方が悪かったり、写真が悪かったりして意外と人気が出ず、安価で入手できる可能性があるというところも個人売買の良さの一つですね。

手放す時も個人売買を利用すれば、バイク屋さんを経由した時の中間マージンも無くなりますので、バイクを購入した金額とバイクを売却した時の金額の差がそこまで大きくない(ちゃんと整備して綺麗に乗っている場合)ため、バイクを乗り換えようかなあという時も、金額面での負担を小さくできるというのは大きなメリットです。

2. 要修理等の動かないバイクを見つけることができる

結局は1に関連してしまいますが、中古バイク屋さんだと当たり前ですが動くバイクしか販売されていないですよね。なのでそれなりの金額になってしまうわけですが。

一方で、ヤフオクやメルカリなどの個人売買では、動かないバイクをその状態で購入することができます。

つまり、値段が極めて安い状態のバイクを競争力低く入手することができます。

また、動かないバイクだけれどカスタムされているバイクなのであれば、パーツだけ剥がしてレストア(純正に)して個別に売ってお小遣いを得るという人もいるようです。ちょっとしたビジネス的な感じですね。

3. バイクの選択肢が極めて広くなる

純粋に市場が広くなるわけですから、選べるバイクの選択肢が広がります。

また、中古バイク屋さんが嫌がってあまり店頭に並べたがらないバイク(外車など)も個人売買ではチョイスの選択肢に上がってきます。

個人売買のデメリット

1. 完全に自己責任。エンジンがイカれてるバイクを掴んだこともありますよ。(実体験)

過去、私自身と親しい友人の個人売買でのバイク購入回数が10回を超えているのですが、そのうち2台はエンジンに致命的な不具合がありました。

1つ目はトリッカー。これは完全に故意犯で、オイル交換をサボったことによるエンジン内へのダメージ、焼き付き気味な車両となっていました。バイクを引き取りに行った時は、「まあ割と好調ですよ!今でも乗ってますし!」とのことでしたが、まあもうホントひどかったですね…なんとか直しましたが。

2つ目はDUKE390。これも完全に故意犯で、引き取りに行ったときに詰めるべきだったんですが…なぜかエンジンをかけた状態で倉庫からバイクを出してきたんですよね。今思うと怪しさアリアリです…で、このバイク、後でコールドスタートしてみると、ラジエターまわり?エンジンまわりからすごい煙が出てくるという…また、最初は外車だからこんなものかなと思っていたエンジン音ですが、YoutubeでのDUKEの音を聞いてみると全然違う…購入したものは異音アリアリでした…(下調べをしっかりしておけという感じですが)

結局、DUKE390については他にも様々な闇があり(基本的なメンテナンスはしました⇒一切されてない等)、完全に返品レベルだったんですが、色々あってダメでして。こちらについては別の記事で書きます。

結局、DUKE390は腰上を分解整備しました。オーバーホールとまではいいませんが。恐らくバイク屋さんに投げた場合は3万以上は固いのではないかと思います。

というわけで、どんなことがあっても自己責任となっております。

もちろん、グラディウス400のように、一切の不具合が無い!というケースもありますが、これは体感では全体の35%程度かなあと思います。恐らく、多くのバイクは何処かしらに闇があります。ので、これらに対処できない場合は泣くことになりますので、覚悟が要ります。

2. トラブルになる可能性もあります(こちらは主に売り側ですが)

以前、VTR250を個人売買の売り側で販売したことがあるのですが、何故か翌年に自動車税の通知が来ました。もうブチ切れそうになりましたよホント。

結局この時はよく分からなかったんですが…(引き渡した人が名義変更しなかったのか、通知システムの不具合か…?)、まあトラブルはつきものですので注意してください。

しっかりと取り決めをして、電話等でやり取りをしてなんかおかしそうだなあという人とは取引をしない判断も必要かもしれません。

3. 自分で全てをこなさないといけない。購買、引き取り(又は配送)、メンテナンス…

これも自己責任の範囲に含まれるといえば含まれますが…

中古バイク屋さんで買う時は、もう全てバイク屋さんが色々やってくれています。なので、購入したら後日バイクに乗って帰るだけでOKです。楽ちんですね!

一方、ヤフオクやメルカリなどで購入した場合、「いつ」「どこで」「どんな方法で支払って」「どのように引き取りをして」というのを決めなければなりません。

また、いざ引き取りするとなれば、軽トラを借りて現地に赴いて積み下ろしをして…乗って帰る場合は段取りを付けて先にナンバー登録や名義変更などをして…配送の場合はその段どりを決めて…

結構大変です。

また、では無事家までバイクを持って帰ってきたとして、そのまま乗るのは危なさを孕んでしまっているので、点検整備をする必要があります。

というわけで、バイクの入手にあたる色々と、入手した後の色々をこなせるスキルがないと、なかなか個人売買にてバイクを買うのは難しいです。

おわりに

今回は、バイクの個人売買をする際の注意点と、個人売買のメリット/デメリットについてまとめました。

色々と書きましたが、整備力と行動力と闇を楽しめる寛容さがあるのであれば、バイクの個人売買はとてもオススメです!

また、友人と複数人で引き取りにいけばそれが旅行のようになったりして楽しいですし、思い出にも残ります(これはちょっと特殊な楽しみ方かもしれません)。他にも、個人売買先の人にも面白い人がいたりして、そういう楽しみもあります。

また、個人売買を繰り返していれば、バイクの購入額とバイクの販売額が大きく変わらないということもありますので、次のバイクに乗り換えやすい(コスト的な面、嫁を納得させる材料として)というメリットもあります。

というところで、今回は以上です!

【バイク】過去11回個人売買(ヤフオクやメルカリ)でバイクを購入したので、当たりハズレについて具体的に書いていく【個人売買の闇】

【文字数:4146文字】

バイクカテゴリの最新記事