【エストレヤ メンテナンス】シートの外し方です(年式1992-1995)

【エストレヤ メンテナンス】シートの外し方です(年式1992-1995)

はじめに

エストレヤ(年式1992-1995)のシートの外し方についての記事です。

エストレヤはメンテナンス性が比較的高いバイク(そうじゃない所もあるけど)なので、基本的なメンテナンスを行うのにシートを外す必要はないのですが、例えばタンクを外したい場合等ではシート外しが必要になります。

他のメンテナンスの前提になることが多いので、とても簡単な記事ではありますが一応1つとしておきました。

シートの外し方

タイトルにありますとおり、対象の年式は1992-1995のメインシートとタンデムシートが分かれているタイプの機体が対象です。

こんな感じのやつですね。

さくっとやっていきます。

まずは、シート裏の2つのナットを外します。

10mmのスパナで緩めることができます。

ナットを外したら、シートの柔らかい部分を上に持ち上げつつ後ろに引きつつ、とやっているとシートスポンジ + レザー部を外すことができます。

スポンジ + レザー部を外すと、こんな感じになります。

さらに、このシート台座部分を外します。台座部分は、タンクを固定しているボルトの近くにあるボルトとナットを外せばOKです。

これでシートが外れました!

作業内容は外し方が分かっていればとても簡単で、3分もあれば終わるかと思います。

今回は以上です!

本作業が終わると、タンクを外したりできます。ちなみに、その作業は下記の記事にまとまっています。

【エストレヤ メンテナンス】タンクの外し方です(年式1992-1995)

【文字数:644文字】

エストレヤカテゴリの最新記事