汎用カフェレーサー(右斜め前から)

【バイク】汎用カフェタンクと汎用カフェシートで汎用カフェレーサーを作ってみた(GN125)

はじめに

今回は、ネタとして、ヤフオクなでよく見かける「汎用カフェレーサータンク」と「汎用カフェレーサーシート」を愛車であるGN125に載せて、汎用カフェレーサーを作ってみたよ!とう話題です。

作ってみたといっても、ステーを作ってタンクをちゃんと固定したり、シートステーを作ってちゃんと固定したり、ということはしてません。それっぽく載せてみただけです。

このタンクとシートが、既にカフェレーサーカスタム済の状態よりもカッコよかったら採用しようかな、というお試し的な感じで今回こんな試みをしてみたわけです。

このタンクを載せようかどうか検討している方の参考になればと思い、記事として残しておくことにしました。

使用したタンクとシート

タンク

使用したタンクは、前述の通り、ヤフオクで売られている汎用カフェレーサータンク(RD50のタンク?)で、こんな感じの奴です。

最近ヤフオクでよく見かけますよね。

価格としては、18000~25000円程度で売られているので、社外タンクとしては結構安い部類になると思います。

ちなみに、このタンクはRD50のタンクがベースになっているようで、そのRD50は下記のようなバイクです。

RD50(Webikeより)

こんな感じです。

シート

使用したタンクは、ヤフオクで売られている汎用カフェレーサーシートです。

オリジナルは何なのか不明です。

こちらは、大体5000円程度で購入することができます。社外のタックロールシートを普通に購入すると、10000~20000円程度しますから、かなり安価で手に入れることができます。

汎用タンクと汎用シートを載せた様子

さて。ここからが本題です。

このタンクとシートをGN125というバイクに載せてみました。下記のような感じになりました。

汎用カフェレーサー(右斜め前から)
汎用カフェレーサー(右斜め前から)

GN125のアルミタンクを磨きましたの記事の時と同じ場所で同じように撮影しました。

斜め前から見た感じだと…なんというか、普通にイケてる感じです。

こちらは真横からの写真です。

汎用カフェレーサー(右側から)
汎用カフェレーサー(右側から)

普通にまとまっているように見えますが、結構苦労があります。

GN125のタンクラバーを引っ掛ける部分(タンクフロント部分)と、タンク側の引っ掛け部をあわせると、タンクにかなり傾斜がついてしまい、すごくダサいです。(カフェレーサーとしては)

というわけで、そのタンク引っ掛け部は一旦無視して、フロント側のタンク高さをかなり下げています。8cm程下げていた気がします。

それでもまだタンクに傾斜がついていたので、今度はタンク後方(車体真ん中より)をゴム板で8cm程高さを増して、やっと水平に近づけることができました。

このタンクをGN125に装着する際は、水平を出すのに苦労しそうです。トップブリッジとの高さ差異を考えると、フロントラバー引っ掛け部は高さをそのままに、タンク後方(シートとの接続部あたり)で高さ調節する方が良さそうです。

汎用カフェレーサー(右斜め後ろから)
汎用カフェレーサー(右斜め後ろから)

このタンクとシートの組み合わせは、長さのバランス的にはすごく丁度良いと思います。

GN125は比較的ホイールベースも短く、純正よりもロングなタンクを載せるとバランスが悪くなりがちですが、この組み合わせは結構良さげです。

汎用カフェレーサー(左斜め後ろから)

汎用カフェレーサー(左斜め後ろから)タンクとトップブリッジの高さ差異がかなり気になります…努力次第で調整は可能だと思います。

汎用カフェレーサー(左斜め前から)
汎用カフェレーサー(左斜め前から)

はい。こんな感じでした。

おわりに

汎用タンクと汎用シートで作った汎用カフェレーサーでしたが、思っていたよりも良い感じでした。

しかし、現在装着しているアルミタンクとSR用カフェシートの組み合わせの方がしゅっとしててカッコイイかなと個人的には思うので、やはり現在の路線のままいくことにします。

飽きたら…変えるかもしれませんが…

はい。今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です