VTR250カスタム

VTR250 カスタムと最終インプレ(2016/03)

インプレシリーズ

はじめに

みなさん、こんにちは!

今回は、今年(2016)の3月に手放した、VTR250についての記事です。
書こう書こうと思って早数か月。もう8月です。
かなり今更感がありますが、私のブログには意外とVTR250 ○○というキーワード検索で辿りつかれる方が多々居られるようなので、何かの参考になればと思い、やはり書くことにしました。

2016年3月時点のVTR

まず、2016年3月時点のVTRのカスタム具合です。

VTR250 フロントから
VTR250 フロントから

 

VTR250 サイド
VTR250 サイドから

 

VTR250 リア
VTR250 リアから

カスタム箇所は大雑把に以下の点です。

  • スクリーン(ガイラシールド)
  • ナックルガード(メーカー不明)
  • ミラー(TANAX ナポレオン クロス)
  • エンジンガード(PROSMAN)
  • アンダーカウル(才谷屋のロングアンダーカウルをカット加工したもの)
  • シートレザー(汎用のもの。ちょっと滑りにくいです)
  • マフラー(エキパイはZRXかゼファーのパイプを使用。サイレンサーはWR’S製)
  • リアキャリア(ベンチュラ)
  • リアボックス(GIVI)
  • リアフェンダー(コワース フェンダーレス)
  • テールランプ(POSH アイビーLEDテールランプ)

最終的にはこのような状態でした。
実用優先パーツと、見た目優先パーツが混在している不思議なカスタムになりました…

特にお気に入りだったパーツは、やはりガイラシールドですね。
あれだけ大柄で風防効果抜群なのに、見た目もなかなかカッコイイという、最高のシールドでした。
また、結果的にカチ上がってしまったマフラーですが、手放す時には結構気に入っていました。

ここからインプレです

それでは、ここからはVTRに2年間乗った人間のインプレです。
あ、先に、インプレの対象の機体について補足です。

  • 初期型です
  • もちろんキャブ車です
  • 最大出力は32ps(10500回転で)
  • 車重は160kg
  • 割とメンテナンスなどはしっかりしていました

前置きが長くなりました。ここから本当にインプレ!

 

加速感

普通に加速します。
想定通りの加速感ですね。
ええと、例えば、同じ250ccクラスだと、ホーネットと比べると、やはり加速感は薄いです。
が、ボルティーなどの単気筒バイクと比べると、そこそこ加速している感じがします。
アクセル開度に対して、自分の思った通りの加速をします。はい。

最高速

サーキットにて、145km位までは確認できました(メーター読みです)。
もう少し伸びたかもしれませんが、このスピードでは振動がかなりすごいので、とても巡行はできないです。

振動

私の機体は、5速75km/hまでは振動は少ないです。4気筒と比べたらありますが、少ないと判断して良いレベルでしょう。
5速80km/hあたりから振動の具合が変わってきます。80km/hを境に結構振動が増えてきます。
人にもよると思いますが、115km/h位までは我慢できる振動だと思います。
120km/hを超えてくると、このスピードで巡行しようとは思わなくなってきます…それくらいには振動します。

取り回し

楽です!
最初は、SRXからの乗り換えだったので、重いなーとか思っていましたが、慣れると重たいという感覚はなくなってきます。
すごく妥当。これがちょうどいい!って感じです。

足つき

シート高は760mmらしいです。
私は身長170cm、足の長さはたぶん普通?というスペックですが、両足とも踵までべったり付きます。
足つきは良い部類だと思います。

ライディングポジション

普通です。教習車(CB400SF)とそんなに変わらないんじゃないかと思います。
タンクはCBより細いですが、しっかりニーグリップできます。

シート

硬くは無いと思います。私は、結構お尻が弱い人間ですが、VTRのシートはそれなりに乗ってられます。
また、よくタンデムをしていましたが、特に窮屈だな、と思ったことはないです。
最近のフルカウル250ccは、タンデムシートが小さくて硬かったりしますが、その点VTRはタンデムの人には優しいと思います。

燃費

いつも大体25km/L位でした。
ツーリングに1人で行って調子が良いと30km/Lを超えるかな、という位です。
ただ、街乗りばっかりでも極端に悪くなるということもなく、やはり大体いつも25km/L位でした。
一番悪い時でも22km/Lは走っていたと思います。

メンテナンス性

良くはないと思います。
特に、私はGN125という単気筒のバイク上がりですので、それからすると大分メンテナンスがしにくいなと思いました。
とはいえ、4気筒のバイクと比べればマシでしょうが。

 

VTRの良かった/悪かった所

次は、主観ですが、VTRの良かった所、悪かった所を書いていきます。

VTRの良かった所

乗りやすい!

取り回しも気負わずにできますし、加速もフラットで変な癖もありません。

コストパフォーマンス良い!

これは、私が当たりの機体を入手したからかもしれませんが…
年式が古いVTRは、結構安く手に入ります。
でも、少しメンテナンスをしてあげればしっかり走ります。
それなりに加速はしますし、最高速も140km/hは出ます。
エンジンも信頼性が高いですし。良い機体だと思います!本当に。

カスタムパーツがそこそこある

GNと比べたら、ちゃんとしたメーカーから、ちゃんとした品物が出ています。
とてもありがたいことですね。

カスタム/メンテナンスの情報が多い

グラディウスと比べたら、メンテナンスやカスタムの情報サイトが多いです。
サービスマニュアルが無くても、結構多くのことはネットの情報でなんとかなることが多いです。

 

VTRの悪かった所

ヘルメットロックの仕組みはなんとかならなかったのか…

シートを外し、貧相なワイヤーにヘルメットを引っかけてシートを閉じる、という使い方らしいんですが…やってられません。
あと、シートを外すと、真上から見てタイヤが丸見え、というのもなんだか…

頑強なリアキャリアがない…

FIの方だと、割と安い金額で、しっかりしたリアキャリアが購入できます。(シートフレームの形状がキャブとFIで大分違うため)
しかし、キャブの方だと、2人乗りができるリアキャリアは、恐らくベンチュラしか選択肢がないんじゃないかと思います。
ですが、このベンチュラキャリア、すごく強度が心配です。
ちゃんと組み付けても、リアボックスを揺らしてみるとキャリア全体が揺れる揺れる!
耐荷重も2kg(リアボックスもこれに含まれますので…)ということで、一体何を収納させる想定だったのでしょうか…

キャブ型の前期のレギュレーターがパンクする…

放熱対策用のフィンが付いていないレギュレーターが、キャブの前期型には付いています。
これ、対策品に交換しましょう。
熱でダメになってレギュレーターパンク⇒バッテリー充電できずにどんどん電力消費⇒エンジン停止
のルートに入ってしまいます。
いつか、私もレギュレーターのパンクでレッカーにお世話になったのですが、その時の運転手さんは元バイク屋さんだったらしく、この時期のホンダのバイクは結構レギュレーターがパンクするらしいです。
交換自体は簡単ですので、できれば、対策品に交換した方が良いでしょう。

以上のような感じです!

 

おわりに

総じて、私はVTR250というバイクは良いバイクだと思います。
今でも好きです。

はい。結構大雑把な感じでしたが、少しでも参考になればと思います。

今回は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です