E-M5+12-40

M.ZUIKO12-40mmF2.8と14-42mmの画角(写る範囲)を比較してみた

はじめに

みなさん、こんにちは!

折角の4連休なのに…雨です。
することがありません。暇です。

することがないので、レンズの比較記事でも書こうかと思いました。ふと。

では、第一回は…
Olympusのザ・標準レンズである、M.ZUIKO 14-42mm F3.5-F5.6と、
Olympusのザ・優等生レンズである、M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROの画角比較でもしようかと思います。

マイクロフォーサーズは丁度フルサイズ換算で倍にすれば良いらしいので、それぞれ換算28-84mm, 24-80mmですね。

というのも、今まで漠然と、
「うわー。12mmって広いんだなぁ。今まで使ってた14mmよりもかなり広く感じるよー」
って思って12-40mmを使っていたんですが、ちゃんと比較したことがありませんでした。
暇なので、どの位差があるかを比較します!

比較条件

2つのレンズで、それぞれ最も口角側と、最も望遠側で1枚ずつ、計4枚の撮影を行います。

dsc_0861

こんな感じで撮影しました。
丁度真ん中にあるある小さな目覚まし時計は、12mmの画角でギリギリ時計全体が移る位置に配置してあります。

広角側の比較

それでは、早速比較を行っていきますよ!
まずは広角側同士を比較します。1枚目は12mm、2枚目は14mmで撮影しました。

kp9231827 kp9231828

間違い探し的な感じですが、ちゃんと差がでていますね。
12mm側(左 1枚目)では、左下の時計が全部写っていますが、14mm側(右 2枚目)では、時計が上半分しか映っていません。
また、12mm側では、意図せず右下に段ボールが写ってしまっていますが、14mmでは全く見えません。

と、結構な違いがありました。
2mmの差で結構印象が変わるものなんですね…知らなかった。
あながち、12mmに変えてから広く感じたーというのは、間違っていませんでした。

望遠側の比較

次に、望遠側の比較を行います。
1枚目は40mm、2枚目は42mmで撮影しました。

zp9231826 zp9231829

2枚目がちょっと左にズレてるー…ごめんなさい。
うん。でも。はい。
42mmの方がちょっと壁に近いですね。

 

おわりに

広角側の2mmは結構違いがあったな、という感想です。
望遠側の2mmにももちろん違いはありますが…
特に私は風景カメラマン(仮)ですので、広角側がより広く撮れるというのはかなり重要なことです。

はい。今回は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です