GN125 マフラーカスタムします!2。パイプを曲げないと

チタンマフラーカスタムシリーズ

 

みなさん、こんにちは!

前回までで、とりあえず「購入したバンバンマフラーはGNに装着できそうだ。しかし、エキパイの曲げが必要だ」という結論に落ち着きました。
で、バーナーまで購入してきましたよ、という所までです。

今回は、エキパイを炙って曲げていこうと思います!!!!

DSC_0055

はい。曲げ用にホームセンターで売っている中では火力の高いバーナーを購入して、ネットで得た知識を基に、エキパイをバーナーで炙っていきます。

炙っていきました。

炙ってはみました。

みたものの…

 

 

 

 

1mmも曲がらん!!!!

 

 

 

もう、本当に、ネットの情報嘘じゃん、って位曲がりません。

シュガーさんのご指摘通り。曲がりません。私が愚かでした。アルミや鉄ならともかくステンパイプを、しかもこの厚さのものを曲げようなんて。

あ、写真のようなレンガでは全く固定されなかったので、この後はレンガにパイプを指して、そのレンガを車のタイヤで抑えたりした状態でトライもしましたが、ダメでした。はい。

 

このままバーナーで炙り続けても時間の無駄だと気付きましたので、方針を変えることにしました。現在の問題は、下記の写真の通り、エキパイがタンデムステップの真横を通ってしまうことです。それによりタンデムができなくなってしまうと。

DSC_0058

しかし、エキパイの方はどうしても曲がってくれなさそうなので、タンデムステップの位置を変える方針にします!!

ステップオフセット用の資材は友人からもらえることになったので、それを使用してオフセットステーを作っていくことにします。

今回は以上です!

次回記事はこちら

GN125 マフラーカスタムします!2。パイプを曲げないと」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です