スマホにPLフィルターをかざしてみた!意外と効果がありました。

みなさん、こんにちは!

今回は、スマホにミラーレス一眼のPLフィルターをかざしてみたよーという記事です。
巷では、スマホ専用のPLフィルターが存在するようですが、それを使用したのではなく、ミラーレス用のレンズ向けPLフィルターを使用してみました。
結果としては、ちゃんと効果があったので、一眼カメラを持ってくるの忘れた!けど、スマホとPLフィルターだけある!という特殊環境下においては結構役に立つと思います。
…そんな環境ないか。

PLフィルターってなに??

PLフィルターとは、写真を撮るうえで邪魔な偏光をフィルターしてくれるものです。
原理の説明は難しくて私にはできないので他の先輩方に任せます!
このフィルタを使用すると、

  • 空の青色をより青色に(空の反射(レーリー散乱)を排除)
  • 湖面の反射をカット!
  • ガラスの映り込みをカット!
  • 自然の色をより鮮明に!

のような効果を得ることができます。
太陽光の向きに対して丁度90度の時にもっともフィルタの効果を得られます。
一眼レフやミラーレス一眼のレンズに装着して使用します。

スマホで使用した時の効果を比較する

最近書いた記事の、いなつつみせせらぎ公園にて比較用の写真を撮影しておきました!
まずはPLフィルタなしの場合

DSC_0648

天気が曇りではありますが、湖面にしっかり光が反射してしまっています。
折角の青っぽい色の湖の多くが真っ白に!

 

次はPLフィルターをかざした場合です。

 

DSC_0649

フィルタなしだと湖面が真っ白だった部分が、いくらか抑えられて、より青が強くなっています。
本当に、スマホのレンズの前にかざしているだけですが、かなり効果が出ています!驚きです。

 

もう1セットありますので、こちらも見てみます。
フィルターなしの場合

DSC_0670

 

次に、フィルターをかざした場合

DSC_0669

白い反射が減っている、どころか、湖面の本来の青色が全体的にしっかり再現されています。

おわりに

通常、PLフィルターを持っていて、スマホに使うなんて場面はあまりないと思いますが、もし、もしそんな環境があったら、風景撮影ではかなり良い感じです。

いや、そもそもこういう場面に陥らないように、天気が悪そうでもちゃんとしたカメラとフィルターを持っていくことにします…

今回は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です