【VTR250】2本出しマフラーに交換!その2

みなさん、こんにちは!
1か月近く放置していましたね。。。(前回記事はこちら)
全ては任天堂3DSのせい。
仕事が終わっては3DSを開き。
電車移動中には3DSを開き。
寝る前には3DSを開き。
そして気づいたら2月14日。
やばいぞこれ。

ま、まぁ、気を取り直して。
今回の記事は、VTR250に2本出しマフラーを装着した。その後のお話。
無事マフラー装着したのはいいんですが、あまりにもうるさい。
寝ても覚めてもうるさい。
ということなので、とにかく消音することにしました。
消音のために購入したのが
IMG_2025.JPG
デイトナさんの、セラミックコーティング消音グラスウールです。
これを、サンセーレーシングに元からついていたエンドバッフルに巻きつければ、排気抵抗になって消音できるのでは!という目論見です。
ちなみに、お値段は一番大きいサイズで2000円しない程度です。
IMG_2026.JPG
かなーり雑ですが、グラスウールを1.5周程度巻いて(太さの都合上これが限界)、
固定のために針金を巻いただけの簡易消音装置です。
これでエンジンをかけると。。。
ほんの少しだけ静音された感はあります。
が、相変わらず走っていると耳に障るサウンドの音量。
これでは妥協できません。というか、うるさい。

ので、よりお金のかかる次のステップへ。
インナーサイレンサーの装着です。
嫌なんですよね。2本あるんで、高くつきそうだったので避けていました。
近くのバイク屋さんに、置いてあったキジマさんのインナーサイレンサーが長さもそれなりで、
消音効果が期待できそうだったので、これを採用しました。
innersilencer.jpg
さて、これをどうやって取り付けましょう。。。
・サンセイレーシングのサイレンサーは、エンド部が地面と水平になっているとすると、サイレンサー本体はそれに対して30度垂れさがったような形になっている
・そのため、通常のインナーサイレンサーを取り付けることはできない(筒の内側にぶつかります)
・こまった。。。
ということで、仕方ないので、エンドバッフルに穴あけし、その穴にインナーサイレンサーを固定することで、
垂れ角をクリアする戦法にしました。
(下記写真の赤線部分です)
IMG_2039.JPG
エンドバッフルにぶら下がる形でインナーサイレンサーを固定するんで、多少強度が心配でしたが、
まぁ、大丈夫でしょう。
で、サイレンサーに付けるぞ!!
と思ったんですが、写真黄線部が干渉してはまりませんでしたので、グラインダーで削ってもらいました。
で、今度こそサイレンサーに取り付け、エンジン始動!!
ドコドコドコドコドコドコドコドコ
ドロォォン
ドコドコドコ….
かなり音量が抑えられ、純正の1.2倍程度の音量になりました!!やった!!!!
純正からすると、低音が増していて、よい感じです。
欲をいうのであれば、もう少しだけ低音が欲しかったんですが、意外と低音は響きますからね。
もう少し馴染んできて、それでも音質を改善したかったら検討することにします!
グラスウールの代わりにタワシを巻くと低音を少し残せるらしいので、
グラスウールとタワシの混合で試してみたいと思います。その時は。

さて。
折角マフラーを交換が完了したので、色んな角度からの写真をあげますよ!!
まずはフロントから2枚
IMG_2042.JPG
IMG_2041.JPG
フロントフェンダー塗装のお陰で、タンクとの違和感がなくなって良かったです。
少しガイラシールドが立ち過ぎている気もしますが、そこは風防効果を高めるためなので仕方ないです。
後はミラーだけ交換すればフロントは精悍な感じになると思います!あと一歩だ!
で、肝心のリアから。
IMG_2044.JPG
IMG_2043.JPG
IMG_2045.JPG
やはり、リアビューは結構ボリュームが増しますね。
かなーりお気に入りです!
このために、このためだけにマフラーを買ったといってもよいでしょう笑
斜め後ろからだと結構立派なんですが、完全真後ろから見ると、やはりVTRの細さというか、
ガッシリ感は皆無ですね^^;
(そういうバイクではないですが。。。)
長かったマフラー交換編ですが、とりあえず一段落です。

よしよし。
今度は。。
気になっていた、この日焼けマフラー(年季が入っているのでサイレンサー部があまり綺麗でないのです)を、
綺麗にしていく作業をしようと思います。
ですが、暫くはGNの方のカスタム関連の記事を書く予定です。
消化しきれなくなりそうなので。。。
今回は以上です!