【VTR250】フェンダーとテールカウルの塗装

はじめに

みなさん、こんにちは!
今回は、2本出しマフラーの記事書いたるで!
と意気込んで、書くつもり満々だったんですが、時系列を守って、先に塗装の記事を書きます。
あっさり、書きます。

なんで塗装の話が入ってきたん?
という所ですが…
私のVTRは、元シルバータンクでしたが、ヤフオクで落とした紺色タンクに交換してあります。
しかし、フェンダーとテールカウルはそのままシルバーでしたので、この機会に全て紺色にしてしまうぜっ。と、そういうことです。
ちなみに、私はこのタンクの色がなかなか気に入っています。
ネットで調べた所、この色は、プリウスとかクラウンに使用されているダークブルーマイカであるっぽいことが判明しました。
このタンクは微妙に錆びや塗装剥げがありますが、この色に塗装したセンスは良いですね。前オーナーさん。

塗装作業開始

さて、ではここから実際の作業です。
まずは、VTRからフェンダーとテールカウルを外します。
IMG_1769.JPG
で、600番と1000番のやすりでゴシゴシしてあげました。
で、シリコンオフを吹いた後にサーフェイサーっと。
IMG_1771.JPG
IMG_1772.JPG
フロントフェンダーは、ボルトを留める部分の形状が微妙に複雑なので、角っこの部分はタレやすいです。大変。
で、2時間位放置した後、1000番のやすりで表面を整えて、今度は色をのせていきます。
IMG_1773.JPG
風が強い所で新聞紙をちゃんと固定せずに塗装していました。
これが後で悲劇を招きます。
で、根気よく4度位重ね塗りをして色塗りはおしまいです。
IMG_1775.JPG
IMG_1774.JPG
ここまではかなり良い出来でした。

ここまでは。
最後の最後、クリアー塗布中に、新聞紙アタックを喰らうまでは。。。
写真はありませんが、テールカウルの一番目立つ部分にアタックされました。
くっそー!!!!!!!
春になったら塗装し直しです。
冬は、寒過ぎて塗料のムラが多いですし、乾燥も時間がかかってしまいますので。
うん。
しばらくはこの微妙な状態で我慢します。

塗装後の様子

作業前後の様子を最後に載せます。

Before
IMG_1731.JPG
After
IMG_1797.JPG
IMG_1796.JPG
感想は、
「違和感無し」
ですね^^;

これがあるべき姿である。といった感じです。
光にあたると、反射のムラがあるので、これもなんとかしたい所です。
です。が、大体こういうのは完ぺきを目指すとドツボにハマるので、とりあえずは欲張らずにこの状態でいきます。
春です。春にまたやります。そういうことにしておきます。
今回は以上です。

【VTR250】フェンダーとテールカウルの塗装」への2件のフィードバック

  1. いいセンスですね。写真で見る限りでは「ムラ」は全然わかりませんよ。
    寒い季節は走りだけじゃなく、塗装にも向かないんですね。でも「冬来たりなば春遠からじ」。完璧=完成の楽しみ=が先延ばしになったことで、妄想の楽しみ期間も延びたんじゃないですか?

  2. 箱さん、こんにちは!
    ぱっと見は問題ないんですけどね。。。近づかれちゃうと分かってしまうんですよね。これが。悔しいです。
    箱さん、かっこよすぎます!
    確かに、春にまたなんとかしてやろう。いや、ラインでも入れてやるか。どうするか。
    みたいな妄想が出来るのでこれはこれで楽しいんですがね。

コメントは受け付けていません。