【GN125 カスタム】全ミーに向けて。リアサス交換

はじめに

今回も、前回に引き続き、全国GNミーティングに向けてやった色々を書いていくシリーズです。

前回はエキパイの角度修正をしました、という話でしたが、今回はリアサスペンションを交換しました、という話です。

リアサスを交換しようと思った理由としては、今装着しているリアサス(280mm)が所々錆びてきて、見た目が悪くなってしまったからです。

買ったリアサス

購入したリアサスは、ヤフオクでたまに見かけるアルミ製のサスペンションです。5000円~10000円程度で購入できるものです。

このサスペンションをチョイスした理由は2つで、

  1. アルミだから(錆びない)
  2. サイレンサーのチタン色を邪魔しない色だから

サスペンションを新品で、国産のしっかりしたものを買おうとすると、1万円、いや、2万円オーバーになることが多く、予算オーバーです。
というわけで、どうしても中華サスを選ぶしかないのですが、中華サスはそう遠くない未来に錆びます。
錆が嫌でサスを交換するのに、また錆びては仕方が無いのでアルミ製をチョイスしました。

また、今装着しているサイレンサーのチタン色を邪魔するようなサスでは嫌だな、ということで控えめなグレーっぽいボディに黒のスプリングというサスをチョイスしました。

中華でアルミという組み合わせですので、まぁまずサスは硬いでしょうし、残念な乗り心地になることは容易に想像されますが…見た目優先ということで。

サスを交換する

はい。それではサスペンションを交換します。ちなみに、交換前のサスはこんな奴です。

このサスは、280mmで、今回購入したものは300mmですので、20mmサス長UPということになります。

まずは、サスのカラー穴径がフレーム側の突起径にあわなかったので、打ち変えしておきました。

普通にハンマー&布を使用してカラーの打ち変えをしましたが、絶対プラハンが良いです。傷つきます。

後は、サスペンションを既存のものと交換するだけです。
GNの場合は、車重が軽いですから、特に事前にリアフレームを支持しておく等はせずに、一旦片側のサスを外してしまい、もう片側のサスを抜いて、その間は手でリアフレームを支えて、サスペンションを嵌め込みなおししました。

と言うわけで、サラッと交換終了です。

新しいリアサスの感想としては、ちょっとリアの高さが上がりすぎちゃったかな(290mmが丁度よさそうでした)、というのと、最初の想定通りリアサスが純正よりも若干硬くなった気がする、という感じです。

はい。短いですが今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です