【GN125 カスタム】バーエンドミラーに交換する

はじめに

みなさん、こんにちは!

今回は、GN125のカスタム記事です。
タイトルの通り、バーエンドミラーに交換しましたよ、という話題です。

私は、GN125をカフェレーサーカスタムしていますが、
1. ミラーの位置がまだ気になる
2. ミラーが劣化して色が茶色っぽくなってきている…
という理由から、今回バーエンドミラーにすることにしました。

交換するミラー

写真では片方しかありませんが…こんな感じのよくあるミラーです。

ヤフオクで3000円程度、質感はまぁそこそこのモノでした。

交換作業

それでは早速交換作業に入っていきます。

その前に、まずはスロットルホルダーの交換から

GN125Hのスロットルホルダーは、エンド部分が貫通はしているんですが、エンド部分が若干径が狭いというか、とりあえず、バーエンドを一発で装着できる形状にはなっていないんですね。

GN125 スロットルホルダーのエンド部
GN125 スロットルホルダーのエンド部

グリップの内側の丸い黒い奴がスロットルホルダーのエンド部分なんですが、貫通してはいるんですけど何故か径が膨らんでいてバーエンドあ装着できないんですよ…
と言うわけで、まずはこのスロットルホルダーの交換が必要です。

あ、大前提として、GN純正のハンドルはハンドル自体がエンド貫通型ではないので、純正では装着不可能です。
私のGNの場合は、セパハンに交換してありますので。

スロットル側の交換作業

今回は、事前に別車種のスロットルホルダーを購入しておきました。

左が購入したスロットルホルダーで、右がもともとのグリップです。
このスロットルホルダーは…何の車種用かは不明でした…

まずはこちらと交換します。

はい。交換終了です。
することとしては、
1. スイッチボックスを開ける(裏側のプラスネジ2本)
2. 既存のスロットルホルダーに引っかかっているアクセルワイヤーを外す
3. スロットルホルダーを交換, アクセルワイヤーを装着
4. スイッチボックスを閉じる
だけです。はい。

スロットルホルダー問題が解決してしまえば後はミラー交換の作業だけですので簡単です。
バーエンド取り付け型のミラーですので、ハンドルに固定部分を突き刺し、六角レンチをクルクル回すだけでOKです。

右側は作業終了です。

クラッチ側の交換作業

こちらは、グリップを外して付け直すだけです。

もともとのグリップを外す時は、やはりパーツクリーナーに頼りました。
パーツクリーナーをグリップとハンドルの隙間に差し込んで噴出して、その瞬間に抜き取ります。

装着する時も、パーツクリーナーを使いました。はい。

交換作業終了!結果は…

こんな感じになりました。ブレてますね…

反対側から撮ってみます。

おお…ハンドルがローになったお陰で顔の印象がよりスリムに…!交換してよかった!

さらに引いて撮影しました。

いい感じになりましたね!ハンドル位置も下がり、車高がさらに低くなったように見えます。
ああ。サイドカバーも交換しておいてよかったです。アルミパンチングがいい雰囲気を醸し出しています。

さて…

今度はトップブリッジ加工を進めないと。

今回は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です