GN125カフェレーサーシート

【GN125】2期。SR400用シート装着3

みなさん、こんにちは!
グラディウスの色々を書いていこうと思っていたのですが、そういえばシートの話が完結していませんでしたので、先に書きます!
今回でシートの話は最後です!

前回記事はこちら⇒【GN125】2期。SR400用シート装着2
ええと、そうです。SRのシート件です。

GN125リアビュー
GN125のリアビュー。千本浜にて富士山と

これが完成図です。セクシーなお尻ですね。
さて、ええと、前回記事では、ちょっとナッターにて、シート裏にナットを仕込む、という所までいきました。
IMG_3761.jpg
写真では2箇所ですが、結局強度を増す目的で、全部で4箇所ちょっとナットしました。
で!
残り作業は2つあります。
1つ目は、この埋め込んだナットから固定用のステーを生やすこと。
2つ目は、ベロを作成すること。
です。
ベロというのは、シート前方に突き出した金具(でない場合もあります)のことで、シートが上下に跳ねてしまうのを防止するためのものです。
これがないと、シートを固定しても結構グラグラしてしまいます。
まず、1つ目のシート固定用のステー作成は意外と早く済みました。
というのは、家に絶妙な、これしかないだろっ!というステーがあったからです。
以下は拝借画像です。
img61153877.jpg
そうです。いつか私が装着していたモンキー用のカフェシート。についていた赤丸部分のステーです。
これを使用すると、
IMG_4188.jpg
こんな感じでリアサスの固定部にマウントできるようになるのです!
そのままだと付かないので、ステー側に少し加工(穴拡張)と、リアサス固定部に大きめのワッシャーを噛ましてこのステーを挟み込んでやると、かなり強固に固定することができました。

で、もう一つの課題が、ベロの作成ですね。
こちらは、汎用ステーではちょうどいいサイズのものがなかったので、アルミ板から切り出して作成することにしました。
厚さ2mmのアルミ板を購入し、狙ったサイズに切り出します。
IMG_3773.jpg
使用するのは3分割されたうちの一番下のやつです。
これに絶妙な曲げを施していきます。
で、納得のいく曲げ角度になってきたら、今度は先ほどのアルミ板の残り部と接続して、シートへの接続部を作ります。
アルミ板とアルミ板の接続には、リベットを使用しました。
リベットというのは、釘のような物に小さな傘がついているアレです。
で、こんな感じのパーツを作成しました。
IMG_3775.jpg
溢れる手作り感!!
ですが、いいのです。ここはシートの裏側に隠れるので。
最後に、この部品をシートに接続します。ここの接続もやはりリベットで行いました。
IMG_3776.jpg
これでシートが完成です!!!!!!!

が、実はこのベロは長すぎてベロの役割をはたしていなかったので、もっと短くすることになり、
当初ベロを引っかける予定だった場所も変更しました。
最初は、ベロをフレーム(タンクを固定している2箇所のボルトの所)に当てようと思っていたのですが、
これだけの距離をとると、板がしなってベロの役割が薄れたので、
シートサポートフレームに立てバンドx2つを組み合わせ、暫定的にここをベロの当てる場所にしました。
P1240860.JPG
画像の赤丸部分ですね。
これにより、ベロを大幅にカット、お陰でしなりも少なくなり、程よくベロの役割を果たせるようになりました!
で、ベロを差し込み、先ほど作成したサイドステーをリアサスと共締めしてみると…
ガッチガチの強度!!!!!!!
かなりしっかり固定できました!満足です!

と、こんな感じで今のシートは無事装着することができました。
後は、シート取り付けステーの再塗装と(ちょっと塗装が剥げて錆が見えてるんですよね)、
シートサポートフレームの再塗装と、
シートサポートフレームに2箇所追加溶接のお仕事をこなせば、完全にシート周りは完成です。
はい。

次はテールランプの固定方法か…
マフラーか…
ウインカーか…
ステップか…
手を付けないといけないところは沢山あるんですが、なかなか進みません…
今回は以上です!