【GN125】遂にセンタースタンドを外しました

はじめに

今回は、GN125のセンタースタンドを外したよ、という記事です。

センタースタンドを外すのはお勧めしません

冒頭から矛盾したような話ですが…センタースタンドは外さない方がいいですよ!

チェーンメンテがし辛くなりますし、その他色々メンテナンスの時には便利ですし…
多くのバイクはサイドスタンドしか付いていない中、折角のセンタースタンドを外してしまうなんて、勿体無いことです。

それでも私はセンタースタンドを外します

便利、なのですが、それでも私はセンタースタンドを外すことにしました。

なぜか。
それは…センタースタンドの地面に付くところが剥げて錆びてリアビューがちょっとダサくなるから、です!

下記の画像をご覧ください。

GN125 リアビュー
GN125 リアビュー

この写真の車体下部左側に見えますでしょうか。センタースタンドの裏側が錆びて茶色くなっている様子が。
これです。これがどうにも美しくない…気になってしまう…
さらに、この錆び以外にも、斜め後ろからの見た時にセンタースタンドがついていると、ごちゃごちゃして見えてしまうと言うのも個人的にはマイナス点です。

そういう動機です。

センタースタンド外し作業

というわけで、作業に入っていきます。

センタースタンドは、ボルトではなくねじ山無しのシャフトと割りピンで固定されています。
そのシャフトが通っている場所は、リアブレーキが固定されている近辺です。

リアブレーキ回転部分のすぐ下です。

別の角度から。

車体右側のシャフトエンドが末広がりになっているため、車体左側からシャフトを押し出して右側から外すようになります。

というわけで、今度は車体左側に回りこみます。

写真中心から少し上あたりに見えるのがセンタースタンドのシャフトです。
本来は、このシャフトの車体左側には割りピンが刺さっていますが、この写真を撮影した時には既に外してあるので写っていません。
ラジオペンチなどで割りピンを解除します。

割りピンを除去したら、タガネなどでシャフトを車体右側へと押していきます。

最初は問題なかったのですが、シャフトを押していく途中でサイドスタンドがどうにも邪魔だったので、サイドスタンドも解除しました。代わりにレンガで車体を支えておきました。

さて、このまま何事も無くシャフトが抜けるかな、と思っていましたが、残念ながらエキパイが邪魔になりシャフトが抜けません…

また、リアブレーキも邪魔になりそうだったのでエキパイと共に外しておきました。

さらにシャフトを押し進め、やっとセンタースタンドが外れました!

もっと簡単に外れるものだと思っていましたが…少し時間がかかりました。

センタースタンドを外す前/後の写真を撮って比べたかったのですが、それはまた今度にします。

今回は以上です!

 

2017/08/21
センタースタンド外し後の写真は下記記事にあります。

【GN125】サイドカバー交換とセンタースタンド外し後のGNの様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です