【GN125】国産キャリパー流用1。調査編

はじめに

皆さん、こんにちは!
今回はGNのお話です。
キャリパーを国産の物に交換したいよね、というお話です。

なぜキャリパー流用を考えたのか

今の僕のGNには、EN用の2podキャリパーが付いています。
確か、走行距離1万キロ代の時に純正の1podキャリパーから交換しました。
で、もう少しで4万キロ走行ということは、現在のキャリパーで2万5千キロ程度走行しているということです。
このEN用のキャリパーは、タオバオから輸入したもので、ただでさえその品質に疑いがありました。
なんとか今まで不具合もなかったので当たりを引いたのでしょうが、
そろそろOH時期です。
国産キャリパーならもう少し走っても大丈夫かと思いますが、
中華部品は、ゴムパーツの品質がとても悪いです。
なので、ENキャリパーはそろそろOHする必要がありました。
が!!
なんとこのキャリパー。
未だにOH用のシールが手に入ったという情報がありません。。。
(探し切れていないだけ?)
それどころか逆に、ハズレキャリパーを引いてフルード漏れするだとかなんとかという話も聞きました。
・・・
そうだ、国産にしよう。
ということで、今回キャリパーの換装を思い立ったのであります。
一応、先人の方が国産キャリパーからの流用を成功させておりまして、
(確かTT-R250?だったかな?)
自分もそれを入手するのが一番簡単かな、と思ったのですが、
この車種がなかなか古い物らしく、状態のいいキャリパーの入手が困難であると判断されたため、
他の方法を検討することにしました。

流用可能なキャリパーを考える

早速、共通の部品が何点かあるグラストラッカーやボルティーからの流用を考えましたが、
キャリパーの画像を見ると、明らかに取り付け不可っぽかったのでやめました。
その後、数週間、様々な車種のキャリパー画像を漁る毎日。
で、なぁんか似てるキャリパーの候補を挙げました。
このキャリパーをヤフオクで探すと。。。
状態はイマイチでしたが、500円で出品されているのを発見、落札。と。
で、それが届いたので、果たして流用が可能なのか試してみます!!
IMG_0740.JPG
見づらいですが、安定のNISSINキャリパーです。
激しく汚い+固着していますが、どうせ装着できなかったらポイなので問題ないです。

今回の戦略としては、キャリパーサポートはEN用のものを、
キャリパー本体のみを換装する、という目論見です。
なので、とりあえずサポートを分離したいのですが、
どうやらパッドを外す必要があるみたいだったので、分解していきます。
が、早速第一の関門。
パッドピンのメクラが全然とれない!固着してる!!
CRC吹いて放置 + インパクトで戦い、片方は外れるも片方はナメてしまう始末。
くそう。
なので、新たな山を作ってトライ
IMG_0742.JPG
外れました。
この時点で既に汗だく。疲れた。
ちなみに、この次のパッドピンも固着していました。
勘弁してよね!!
ここまででとりあえず分解はOK
なので、既存のキャリパーサポートを貰ってきます。
IMG_0743.JPG
今のキャリパー。
とりあえず2本のサポート固定ボルトを外して、パッドピン抜いて、と先と同じような対応をします。
ここで、ENキャリパーと流用キャリパーの比較
IMG_0745.JPG
ディティールに差はありますが、(センター部分の刻印が違う、パッドピンの穴が貫通していないなど)
全体の見た目は非常に良く似ています。
ここまでは僕の読み通り。いいぞ!

で、流用キャリパーにENキャリパーのサポートを。。。嵌め。。。嵌め。。。ま。。。
ハマったーーー!!!!!!
IMG_0746.JPG
(キャリパーが似ているので、あまり変化のない写真ですね)
IMG_0747.JPG
ENキャリパーと比べて、特に問題はなさそうです。
来ましたね、これは。

ちなみにですが、
やはりオイルシール、ダストシールの流用は不可能みたいです。
明らかにピストン径が違いました。
IMG_0749.JPG
EN用キャリパーは外径23mm程。

IMG_0750.JPG
流用キャリパーは外径26mm程度の径でした。画像では始点が内になっていますが…

また、パッドの形状も異なります。
IMG_0751.JPG
と、とりあえず流用可能の判定が出た所で作業は終了。

なんでかって?
このボロボロのキャリパーを装着したくないからです^^;
次にちょっと高いけど良い状態のキャリパーを入手した後に本格的に交換作業に入ります。
あ、ちなみに、何のキャリパーを使用したかは、次回記事のお楽しみにしておきます。
(ちゃんと組み上げができる事を確認してからでないと流石に無責任かと思うので)
というわけで元に戻します。
IMG_0753.JPG
ディスクローター錆びてるなぁ。。。嫌だなぁ。
とりあえず、今回の記事はここまで。
次回はキャリパーを入手して、交換してから書きます。
では!!

次回記事はこちら

【GN125】国産キャリパー流用1。調査編」への4件のフィードバック

  1. おはようございます!
    このキャリパー、私のと同じ!ピストン外径が、24mm。で、もともと付いている2F、ENのピストン外径が、25mmです。最近購入した、この手のキャリパーは、ピストンリングの質が悪いのか?フルード漏れしますね!とりあえず、ホームセンターなどで売っている「排水管用」23.8mmのOーリングで凌いでます。(笑)私のは、ダイブ前のなんで、大丈夫ですが・・・。
    25mmのやつなら、タオバオでありましたよ。
    http://chinamart.jp/item?iid=36928777088&key=1e6d1830d12b7fb748755ed786c862ba
    そういえば、先日、信号待ちで隣にいた、HONDA、CRF250のキャリパーが、同じ?様に見えた?んですが、まだ、確認してません。
    では、また!続き、楽しみにしてます!

  2. トモジイさん、こんにちは!
    うわー。。。
    自分もこのキャリパーをEN用としてタオバオで購入したんですが、
    純正品とはピストン径違うんですねー^^;
    なかなか信用なりませんね。
    最近は、このキャリパーを購入した人はよくフルードが漏れたという報告があり内心恐れてました。ええ。
    配管用のOリングですか。成る程!
    ホームセンターとかでたまに見かけますね!
    このタオバオシール部品は、誰か使用した人居るんですかね?^^;
    なかなか勇気が要るというか笑
    貴重な情報ありがとうございます!
    すぐに記事を書くので、ここにも書いてしまいますが、
    トモジイさんのその読みは結構合っていて、自分が流用したのはHONDAのFTR用キャリパーなので、
    CRF250も十分に可能性はありますね!

  3. シュガーさん、こんにちは!
    あ、シュガーさんも流用トライされていたのですね。
    しかも結構過去に^^;
    この記事先に見ておけばよかったです;;
    まだその幅の長さは測ってなかったです。
    ちなみに、この後で記事に書くつもりでしたが、
    自分もちょっとシュガーさんみたいな現象が起きて嫌な感じです。。。
    キャリパーのタッチが柔らかくなった現象と引きずりです。
    タッチの方は、絶対的制動力は落ちてなさそうなのでまぁいいとしても、
    引きずりはちょっと気になります。。。
    困りました。。。;

コメントは受け付けていません。