【GN125】レギュレーターの交換を検討中です

【GN125】レギュレーターの交換を検討中です

はじめに

みなさん、こんにちは!

やっと週の折り返し、水曜日です。
1週間が始まったばかりの月曜日の絶望。
まだ会社に行きたくない火曜日。
なんとか精神が落ち着いてくる水曜日。
というわけで、やっと気分が優れてきました。よかった。

そんなことはどうでもよくて、
今回は自分の大の苦手な伝送系のお話。
間違ったことがあったらどしどしご指摘をお待ちしております!
・・・
勉強していかないとな。。。
で!!
そうです。
今回はレギュレータというパーツについてです。

レギュレーターとは

皆さん、レギュレータってご存知ですか?
このパーツは、発電された電気をバイクが使えるように整流してくれるパーツです。
その前に、大雑把にバイクの発電メカニズムについて少し書いてみます。
バイクのエンジン下部、大体左側にジェネレータと言われる発電装置があります。
(ジェネレータとかオルタネータとかダイナモとか言われます ちゃんとした呼ばれ方は…どれなんでしょ)

この部分は、2つのパーツから構成されています。
1つ目が、エンジン車体側のマグネットローター
2つ目が、カバー側についているステータコイル
です。

中学、高校の物理の時間で習ったと思いますが、バイクの発電はこの2つのパーツの電磁誘導によって行われます。
クランクシャフトの動きと共に回るマグネットローターが動き、ステータコイルとの間の電磁誘導により電気が発生します。
(エレキギターとかもこの原理ですね)
で、
この発生した電気がバッテリーに。。。
行く
と困ります。
この段階では電流は交流、強さも安定していないためです。
このままだとバッテリーだけでなく電装系全てにダメージが加わってしまいます。。。
そう!ここでレギュレータです。
レギュレータは、この発生した電気(電流)を交流から直流に変換、また、電圧の調整をするんですね。
とても重要な役目を担っているのです。

GN125のレギュレーター

ちなみに、GN125のレギュレータの場所は
img_496887_15316007_1.jpg
赤丸の部分ですね
DSC_2873-1.jpg
ちょっと画像が汚いけどこんな感じで、M10ボルト×2で固定されています。
こんなに大事なレギュレータなのに、結構壊れたりします。

実際にGN倶楽部の方にも不具合報告がされているようですし、私が今まで乗ってきたバイクのうち、SRX250とVTR250はレギュレーター不良で走行不可能になった苦い思い出があります。

そんなパーツなんですが、そろそろ自分の機体のレギュレータが心配になってきました。
というのも、走行中、エンジンの回転数が8000回転近くなっている時にウインカーを出すとウインカーの点滅が早くなっているんですね。

ただ、テスターで電圧を測ってみた所、5000-6000回転まで上げても電圧は規定の範囲内だったので・・・

レギュレータは実は全然問題がなくて他の不具合によるものなのか。。。
とにかく、自分の機体は35000km以上走行しているので、そろそろレギュレータも交換しておくか!
ということで購入しました。
DSC_2890-1.jpg
レギュレータ^^;
GNのレギュレータは、先に書いたようにM10のボルト×2で固定されているだけで、
カプラ2つと繋がっています。
これらを外して同じように付け替えるだけで交換完了!
楽勝だぜっ!!
DSC_2889-1.jpg
カプラの形状違うがな!!!!!!!
な、なぜ。。。
タオバオで購入したのですが、一応純正のはず・・・
と、色々ネットを探していたところ、GN倶楽部のびわ吉さんの装着したレギュレータもカプラ形状が違かったようです。
これがデフォルト?
やっぱりレギュレータ交換やめようかな。

(結局、後に致命的な問題が起きてレギュレーター交換を行うことになります)

とりあえず、本日は以上です!

【文字数:1564文字】

GN125カテゴリの最新記事