上日川ダムと富士山2

【山梨の絶景】大菩薩嶺(峠)からの景色は素晴らしい。

今回は、11月上旬に行ってきた、大菩薩嶺についての記事です。珍しく登山してきました。

大菩薩嶺/大菩薩峠とは

山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る標高2,057 mの山(Wikipediaより)

で、大菩薩峠あたりでは美しい眺望が見られる場所です。大菩薩嶺頂点付近は、林のようになっていて眺望はあまりよくありませんが、そこに到達するまでの尾根のような道がとても美しい景色を横目に眺めることができ、素晴らしい場所になっています。

場所(GoogleMap)

マイカーで行く場合

車でのアクセスとしては、山梨県の国道411号線を走っていき、途中県道201号線に乗り換えます。
後はその国道をずっと走っていくと、大菩薩の宿 ロッヂ長兵衛があり、その近辺に第1~第3駐車場があるため車を止めます。
一般車両はここまでしか行けませんので、後はひたすら登山が始まります。

大菩薩峠までの道のり(登山)

駐車場に車を停めたら、後は頑張って自分の足で登って行きます。

事前に集めた情報の通り、一応登山ではありますが、結構初心者向けの道で、普段歩かないIT系サラリーマン(26)の私でしたが、問題無く頂上までたどりつけました。

最も景色が良いと思われる大菩薩峠~雷岩までは、ロッヂ長兵衛から1時間半~2時間程度かかります。ので、初心者向けの道と言えども、結構しっかり歩きますので装備はちゃんとした方が良いです。

 

歩き始めて最初の30分程で、福ちゃん荘という所につきます。公衆トイレがありますので、トイレが心配な方は寄っておきましょう。
ここまで来て、全体の1/4程の道のりを歩いた、という感じですね。
ここで、左ルートと右ルートの2つに分岐します。私は右ルートを通りました。公衆トイレのある方向です。

左ルートの方は、雷岩に先に到達し、その後尾根のような道を経て大菩薩峠に至る、というルートになっています。
ただ、こちらのルート、帰りに通りましたが、右ルートよりも険しい気がしますので、嫌だなあという人は右ルートで行ったほうが良いかと。

さて。右ルートを選んだ場合は、富士見荘まではとても楽な道になっています。
そこから1時間程度歩くと、大菩薩峠に到達します。頑張ってください。

大菩薩峠~雷岩からの景色

頑張って大菩薩峠まで到達すると、そこからはずっと見晴らしの良い景色を左手に見つつ、ハイキングを楽しむことができます。

上日川ダムと富士山1
上日川ダムと富士山1
大菩薩峠方向を振り返るとこんな感じ
大菩薩峠方向を振り返るとこんな感じ
甲府盆地を見渡す
甲府盆地を見渡す
上日川ダムと富士山2
上日川ダムと富士山2

こんな感じで、右ルートを選んだ場合は、進行方向左手に富士山と甲府盆地を見つつ、ハイキングすることができます。

私が訪れたのは、11月5日で、まだそんなに寒くなく、天気もとても良かったので気持ちよく登山ができました。

あ、あと、初めてラーツー以外でバーナーを使ってカップラーメンを食べました!

山の上で食べるカップ麺のおいしさといったら…このためにまた登山したくなります。

おわりに

山梨の甲州市にあり東京からも日帰りで来れる立地であること、登山のハードルが低いこと、それなのにこの絶景を見れること、という東京(からは1駅隣なんですが)に住む私からするととても良い所です。

都会に疲れた人は、休日の1日だけでもサクッと行ってリフレッシュできますので、是非に訪れてみてください。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です