【バイク】300ccクラスのメリット/デメリットと車種ラインナップについて

はじめに

今回は、排気量別メリット/デメリットシリーズの300cc版です。
(250ccクラス版はこちら、150ccクラス版はこちらになります)

日本の免許やナンバーの区分からすると、300ccというのは150ccの時と同じく、いまいち馴染みが薄いと思います。
しかし、最近はじわりじわりとニューモデルが発売されたりと、盛り上がり始めているクラスなのです。

というわけで、今回もどんな車種があるのか、メリット/デメリットは他の排気量クラスと比べてどうなのか、ということをまとめていきます。

300ccクラスとは

251cc以上の排気量ですので、白背景に緑枠となっているナンバーとなり、250ccクラスとは異なり車検があります。

日本の排気量区分としては、251ccから車検が発生しますから、なんというか、ちょっと損な排気量区分に見えますよね。

じゃぁ何故300ccなんて微妙な排気量で発売されるのかといいますと、やはり150ccの時と同じく、世界目線で売れるバイクを、ということで各社この位の排気量の機体を発売しています。
300cc位の、比較的軽めだけれどパワーがしっかりあって、というのが好まれるんだそうです。

それが日本でも発売され、300ccという排気量区分上は微妙なモデルがラインナップされ始めているんです。

300ccクラスの車種ラインナップ

YZF-R3

YZF-R3(YAMAHA)(引用元:YAMAHA公式)

今では街でよく見るYZF-R25、の300ccバージョンYZF-R3です。
見た目はR25と違いが分かりません。

個人的に、R25/R3の見た目はとても好みで、R3は乗り換え候補だったりします。
R25の方は、試乗しましたが普段グラディウス400(最大出力55PS)に乗っているので、物足りなさを感じてしまいましたが、R3であれば良いかな、と思っています。

MT-03

MT-03(YAMAHA)(引用元:YAMAHA公式)

YZF-R3のネイキッド版で、MTシリーズの名を冠するMT-25の双子の兄お兄さんです。

性格はほぼR25/R3と同じですので、見た目が好みの方を選ぶと良いと思います。
と言おうと思いましたが、MT-03には現時点でABS仕様が無いようです…

MT-25はYZF-R25よりも3万円程お安くなっているようです。

Ninja300

Ninja300(Kawasaki)(引用元:Kawasaki公式)

よく見かけるNinja250のお兄さん、Ninja300です。
元々は国外でしか販売されておらず、一部店舗が逆輸入したものが国内でちょっと流通している、という状態で殆ど個体がありません。

最大出力39PSを発揮し(250ccは31PS)、Ninja400の44PSに迫る勢いです。
(Ninja400は最大出力を発揮する回転数が低めに設定されているので単に馬力だけ比較するのはアレですが)

Ninja300、そのスペックを押せば国内でも売れると思いますよ!カワサキさん!
(400ccと食い合ってしまうのを嫌ったのでしょうか)

Z300

Z300(Kawasaki)(引用元:Kawasaki公式)

Ninjaのネイキッド版、Zシリーズの300cc版です。こちらもNinja300と同様、国内世紀販売はされていないようです。

Ninja250と比べると、Z250はかなーり少ないですが…その300cc版ですので、国内ではまず見かけることはないでしょう。見かけてもZ250と比べて違いが分からないですから…

G310R

G310R(BMW)(引用元:BWM公式)

このマシンの発表があった時、ネット界隈では結構盛り上がっていました。あのBMWが310ccのモデルを出す、だと…!ということで。

エンジンは結構普通(DOHC水冷単気筒で32PS/9500rpm)ですが、ストファイ的なやる気のあるフロントマスク、カッコいいデザイン、豪華な足回りと、BMWらしさはしっかり現れています。

税込み60万円で購入できるようです。(公式の価格設定)

300ccのメリット

重量が250ccとほぼ同じ。なのに250ccよりパワーがある

300ccの一番のメリットはここにあると思います。

大体どの300ccバイクも、250ccの機体がベースになっています。
ですので、フレームやその他外装などは共通で、エンジンのみ異なる場合が多いです。
よって、車重はほぼ250ccのものと同じです。

ですが、排気量は50cc以上(YZF-R3なんかは70cc)大きくなっており、パワーが結構違います。
乗れば明らかに違いを感じ取ることができます。

車両価格はほぼ250ccと同じ

公式の発売価格を見ると、300ccと250ccの価格差は数万円です。
YZF-R3とYZF-R25のYAMAH公式ページの価格を参考にすると、差額は3万円程度となっています。

250cc向けの部品/カスタムパーツを装着できる

エンジン以外はほぼ部品が300ccと250ccで共通となっていることが多いです。

ですので、300ccのマシンであまり人気無いだろうからカスタムに困るなぁ…ということはなく、250ccクラスの豊富な部品をそのまま拝借することができます。

最近の300ccはどのバイクもカッコいい!

YZF-R3、Ninja300、G310Rなど、どのバイクも見た目がとてもカッコいいです!(主観)

やはり、バイクは格好良くあってこそだと思いますので、メリットの1つだと思います。

300ccクラスのデメリット

400ccクラスと比べるとパワーが無い

維持費は、400cc寄りですが、やはり400ccの排気量を持つバイクと比べると、70~100cc程排気量が少なくなってきます。

ですので、維持費が変わらないのにパワーがちょっと低い、という何となく損したような気分にならなくもない、という微妙な感じです。

とはいえ、YZF-R3であれば、最高出力が42PSで、同じ二気筒フルカウルバイクのNinja400(400ccクラスの中では中の下位)の44PSとそこまで違わない場合もあったりしますから…

250ccクラスと比べると維持費が上がる

前述の通り、車検が発生してくる分、維持費は250ccと比べて上がります。
カスタムしている車両等であれば、いったん純正戻ししたり、それをバイク屋さんにお願いしたりと、車検以外にも付随してお金がかかったりします。

とはいえ、純正で乗っている場合で、かつ、ユーザー車検でバイクを車検に通せば、車検もそこまで大きな金額にはなりませんから、維持費が250ccより大きく上がる、ということはないです。

250ccと300ccのどちらを選ぼうか迷っている場合

個人的には、新車で買うなら300ccを選んだ方が良いかと思います。

なぜか。

  1. 250ccのマシンと比べると、明らかにトルクやパワー感が違う
  2. 車検は発生するが、ユーザー車検であれば金額はそんなに高くない
  3. 高速道路走行時もちょっとゆとりがある

からです。

以上を踏まえて簡単にこんな人にお勧めをまとめます

300ccがおすすめな人

  • パワーが高い方が絶対良い!という人
  • 新車で買うと決めている人
  • 高速道路によく乗る/マスツーリングをよくする/ロングツーリングする人
  • 車検代は気にしない人

250ccがおすすめな人

  • そこまでパワーを追い求めていない人
  • 中古車を買うと決めている人
    • 300ccでは、中古車が出回りにくいですし、値段も落ちにくいです。対して、250ccは球数がそこそこあるので、諸条件で金額とも折り合いがつけやすいです。
  • 高速道路、乗るけど、メインでは無いし、乗った場合もそんなに飛ばさないよという人
  • 車検は面倒だし、お金がかかるから嫌だ、という人
  • カスタムを沢山しようと思っている人
    • 車検の度に戻すのは、ちょっと面倒ですから

おわりに

250ccクラスと300ccクラスでは、そこまで排気量が変わらないじゃないか!と思うかもしれませんが、実際に乗ってみるとパワー感が結構変わります。

YZF-R25では、低回転の時に全然パワーが無くてなんだかなぁ…と思っていましたが、YZF-R3ではその点力強くなっており、これなら欲しいな!と思いました。

新車で買える機体が多いですし、カッコいい機体が多いですし、個人的にはかなりアツいクラスだと思います。

今回は以上です!

150ccのメリット/デメリットについての記事はこちら

250ccのメリット/デメリットについての記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です