【グラディウス400 カスタム】ストファイ的なヘッドライトに交換1

はじめに

みなさん、こんにちは!

今回は、久しぶりにグラディウスの方の話です。
タイトルの通り、いい感じのヘッドライトを入手したので、交換してみるよ!という話題です。

グラディウスのヘッドライト、ジェントルで美しくて好きなのですが、流石に2年弱見ているとこう、飽きが出てきまして…交換を検討していたところ、素敵なヘッドライトを入手できたので交換することにしました。

ちなみに完成版はこちら

交換するヘッドライト

交換するヘッドライト、というかフロントカウルはこちらです。

ハイパーフロントカウル(才谷屋ファクトリー)
ハイパーフロントカウル(才谷屋ファクトリー)

才谷屋ファクトリーさんのハイパーフロントカウルです!
この睨み付けるようなフロントフェイス。痺れます!

というわけで衝動買いしてしまいましたので、グラディウスにつけることにしました。
お値段としては、カウル本体が2万円程度、これに装着できるPIAAのヘッドライトが1万2千円程度、取り付けアシスト用のFRPステーが3千円ということで、なかなかリッチな買い物です。

とりあえず現物にあわせてみる

さて。買ったはいいのですが、このライトカウル、グラディウス用ではありません。
才谷屋さんのページでは、VTR250がモデルになっているらしく、他にホーネットなどには装着できるようですが、グラディウスにあてがった写真は見つかりませんでした。

どんなサイズ感で、メーターなど干渉は無いか、ラジエターガードと干渉は無いか、など確認しておきます。

というわけで、ヘッドライトを外します。

左右のヘッドライトカバーを留めているキャップボルトを外します。

次に、ヘッドライト本体を留めているプラス頭付きの六角ボルトを外します。

こんな感じ。

後は、ヘッドライト下部が鉄パイプフレームのような所に嵌っているだけなので、ヘッドライト自体を上に引き抜くとヘッドライトが外れます。

ヘッドライトバルブの交換なんかは、とても簡単で良いですね。
タンクなんかも、保持ステーがあってメンテナンスしやすいようになっていて、こういう所は好感がもてます。

さて。この状態でとりあえずハイパーフロントカウルをあてがってみました。

横幅、メーターとの相性など良さそうです!

VR250やホーネットに対してこのカウルを装着すると、メーターのラインとカウルのラインがあまりあっていないような気がしていたのですが、グラディウスの場合はカウルのRと合っていて良い感じに見えます。

取り付け案を思いついたので試してみます

さて。それでは、実際どうやって車体に装着していこうか、という所なんですが…
もともとヘッドライトを留めていた2箇所のボルト(なべネジ頭が刺さっていた部分)からステーを生やしてヘッドライトを吊るす感じで良いんじゃないかな、ということで、一旦そんな方針でやってみます。

前述の、別途購入しておいたFRPステー側にはM6のナッターが仕込んでありました。

ですので、これに合わせてカウル側穴あけ&穴調整を行います。

ボルトを通すための微調整には、テーパリーマーを使用していい感じにしました。

そこに、先ほどのFRPステーを連結します。

残念なことに、事前に計った所、FRPステーだけでは長さが足りませんでしたので、テキトウなステーをさらに連結して距離を稼ぐことにしました。

一旦、こんな感じの即席組み合わせで車体に仮装着してみます。

おおおおおお。
なんだか、いかつい雰囲気のバイクになってきた気がします。

まだ色がホワイトでかなり浮いていますが、後で時間のある時に塗装しましょう。

また、ヘッドライトを吊るす方式で一旦装着しましたが、段差を乗り越える時などに結構振動してしまうので、これだけではダメで、さらに何処かから固定ステーをもらわないといけません。

今度は、より強固な固定方法と、カウル塗装をやっていきます。

今回は以上です!

次回記事はこちら。

【グラディウス400 カスタム】ストファイ的なヘッドライトに交換2。完成です

グラディウス400のオススメシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です